「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

運動選手を支えるアスリートフードマイスター資格とは?

2017 4/5 09:49miyanoki-wataru
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

アスリートフードマイスター資格を活かすには?

アスリートフードマイスター資格には、競技者が自身のパフォーマンス向上のために食事管理方法を学ぶ、といった活用方法のほか、競技者をサポートする立場の方が食事管理をする際などに生かすことができます。また、スポーツをする成長期の子どもの保護者の方や、監督やコーチなどの指導者、また選手のマネージャーをしている方にも役立つでしょう。
資格取得者によるワークショップが行われるなど、イベント講師として活躍することもできますし、資格取得者同士での交流会も行われています。

スポーツフードアドバイザー資格とは?

アスリートフードマイスター資格と似ている資格に「スポーツアドバイザー」資格があります。スポーツアドバイザー資格は、アスリートの栄養管理に必要な知識を持つスポーツアドバイザーであることを証明する資格です。試験を受けるために、指定された機関が行う全カリキュラムを修了する必要があります。
学習範囲には。身体と栄養、食事指導などからアスリートのメンタルケアまで含まれており、 アスリートを食事の面から総合的にサポートすることができるようになります。

スポーツフードアドバイザー資格を活かすには?

スポーツフードアドバイザー資格は、アスリートフードマイスター資格と同様に、自身がアスリートである場合、またアスリートを支える立場にある場合には様々なシーンで活かすことができる資格です。
スポーツトレーナーやスポーツインストラクターとして活躍している方にも、スポーツフードアドバイザー資格は活かすことができるでしょう。身体の動きやトレーニングの方法だけでなく、食事の面でもアドバイスすることができるようになりますよ。

まとめ

アスリートフードマイスター資格とスポーツフードアドバイザー資格についてご紹介しました。スポーツをしている人を支えるため、またご自身がアスリートの場合でも役に立つ資格です。身体と食事の関係に興味がある方にもおすすめの資格ですよ。是非チェックしてみましょう。

おすすめの記事