「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なるほど!わかりづらい剣道のルールについて徹底解説!

2016 12/21 10:03
剣道
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な試合の流れ

自分の試合の番になったら、審判の合図とともに竹刀を持って試合場に入る。この時竹刀は左手に持っておく必要がある。
互いに礼をした後は、中央の白線まで歩み寄り、蹲踞(そんきょ)する。蹲踞というのは、互いに竹刀を合わせて座る行為のことをいい、剣道の試合では必ず見る光景ですので見たことがあると思う。
審判が「はじめ!」というと試合が始まる。1本が取れたかどうかは、審判の旗が揚がったかどうかで確認することができる。
試合が終わったら、再度白線の位置で蹲踞をして、その後礼をして試合終了となる。

有効打突とは?

審判から1本の判定をもらうためには、有効打突をしなければいけない。この有効打突というのは、非常に判定が難しいである。
相手の面や小手、胴に竹刀を当てなければいけないのだが、相手に打ち込むときには竹刀の先端部3分の1が相手に当たらないといけない。また、打っただけで1本を取ることができるのではなく、打ち込む際にはしっかりと声を出す必要がある。
そして残心という、相手に反撃できないような居に移動して構えることによって、打ち込みだと判定される。審判に1本と判定されなければ、自分がいくら1本といっても1本にはならないのだ。

剣道の反則とは?

剣道においても反則というものがある。ほとんどの場合が武士道精神に反する行為を行った時に、反則が取られる。
反則は次のものが主なものとなる。


  • 相手の足をかける
  • 意味もなく相手を場外に出す
  • 自分から場外に出る
  • 竹刀を落す
  • 相手の竹刀をつかむ
  • 意味のない鍔迫り合いや打突を行う


これらの反則行為を行ったら、審判から反則と指摘される。1試合中に2回反則を指摘された場合は、その場で相手に1本が入る。

まとめ

今回は、初心者に最低限覚えていてほしい、剣道の基本ルールについてご紹介させていただきました。剣道は、しっかりルールを理解していないと試合展開がわからなかったり、どうして1本にならないのかわかりづらい。基本的なルールであっても、知っていると試合観戦をもっと楽しくすることができる。ぜひ皆さんも覚えてから試合観戦をしてみてほしい。

おすすめの記事