「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【競馬】斎藤新騎手が8勝でトップ 今年の新人たちは「競馬学校花の35期生」?

表彰台,Ⓒ三木俊幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ三木俊幸

今年の新人は2世ぞろい

今年、中央競馬でデビューした騎手は8人。昨年は3人しか新人騎手がいなかったことを考えると、なかなかの人数である。デビューして約1か月経ったが、どのような成績かを見ていこう。

今年デビューの騎手成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

2019年度の新人騎手がデビューして7週経ったが、現段階でトップなのが斎藤新騎手。父はヌーヴォレコルトでオークスを制覇した斎藤誠調教師。デビュー2日目に所属する安田隆行厩舎の馬で初勝利。現時点で8勝を挙げている。減量を生かした逃げだけではなく、差し、追い込みでも勝っておりセンスを感じる。特筆すべきは「率」。さすがにリーディング1位の川田騎手や2位のルメール騎手と比べると酷だが、トップ10に入っている騎手とそん色のない数字である。新人でここまでやれるのは優秀である。

2位が藤井勘一郎騎手。オーストラリアでデビューし、今年6度目のJRA騎手免許試験で合格した苦労人。このジョッキーを新人と言ってもいいか微妙だが、ここまでで5勝を挙げている。デビュー初日に重賞に騎乗するなど、その名をファンの間に広めつつある。

この世代、実は2世が多く、岩田望来騎手は岩田康誠騎手の次男であり、小林凌大騎手の父は小林淳一元騎手。団野大成騎手、大塚海渡騎手の父はともに調教助手である。まさに父親の影響で騎手になっており、子供の頃から馬に触れる機会が多かったかもしれない。

おすすめの記事