「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

人気馬よりも実績馬を信頼するGⅠ フェブラリーS

2019 2/12 15:00SPAIA編集部
馬群,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2003年の優勝馬ゴールドアリュールの存在

現在、中央競馬で行なわれているダートGⅠ競走は、12月のチャンピオンズC(前身はJCダート)と2月のフェブラリーSの2つのみ。前者がネーミングや開催場などの変遷を経て試行錯誤の段階にある中、1997年にGⅠへ昇格してからも、ブレることなく条件を変えずに幾多の名馬を輩出してきたフェブラリーSの方が、よりダートの頂上決戦と呼ぶにふさわしい歴史を重ねてきたように思える。

その要因の一つとして挙げておきたいのが2003年優勝馬ゴールドアリュールの存在(当年は中山1800mでの開催)。芝でもダービー5着の実績を残してはいたが、ダートに転じて大活躍。のど鳴りを発症したことで早期に引退したものの、サンデーサイレンスの血脈が生産界に溢れて種牡馬競争が熾烈さを極める中、その雄大な馬格とパワフルな走りを受け継いだ産駒はダート界を席巻している。エスポワールシチー、コパノリッキー、そしてゴールドドリームがフェブラリーS優勝馬に名を連ね、種牡馬として大成功を収めている。

古くから日本競馬は芝のクラシック競走を頂点とし、芝で走ってこそ評価に値する体系を取ってきた。芝で芽の出なかった馬がダートに転じ活躍しても、クラスが上がるほど出走できるレースは限られるようになり、やむなく芝に戻って苦戦を強いられる。

それは繁殖に上がっても同じであり、〝ダート血統〟と声高に叫ぶと購買価格は低くなり、〝ダートでも走れる血統〟と呼ばざるを得ない風潮は蔓延していた。それだけにこれからの将来、王道ともいえるゴールドアリュールの血脈が日本競馬のダート界の中心を担い、発展させていくことは非常に意義深いものと思われる。

おすすめの記事