「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔らかさと豪快さを併せ持つ欧州の超新星 マーフィー騎手が短期免許で来日

赤と青の服のマーフィー,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2018年はGⅠ9勝の大活躍

また一人、大物外国人騎手が日本にやってきた。12月15日から欧州の超新星オイシン・マーフィー騎手が短期免許での騎乗を開始した。美浦の国枝栄氏が身元引受調教師。関東を拠点に騎乗するマーフィー騎手について紹介しよう。

1995年生まれのアイルランド出身のマーフィー騎手は、アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎などで下積みをした後、2013年にイギリスで騎手デビュー。41勝を挙げる活躍を見せると、翌2014年には重賞制覇も果たして見習い騎手チャンピオンにも輝いた。その後も着実に勝ち鞍を伸ばし、カタール・ファハド殿下が代表を務めるカタールレーシングの主戦に抜擢された。

赤い服のマーフィー,Ⓒゲッティイメージズ

Ⓒゲッティイメージズ

そして2017年にGⅠを制覇すると、迎えた2018年に大躍進を果たす。ドバイミーティングで行われたドバイターフではベンバトルに騎乗してGⅠを勝利。日本勢の前に立ちはだかった。

その後も、欧州年度代表馬に選出されたロアリングライオンとのコンビで、エクリプスS、英インターナショナルS、愛チャンピオンS、クイーンエリザベスⅡ世SとGⅠ4勝を挙げるなど、世界5か国でGⅠ9勝を挙げる大活躍をみせた。

「世界のGⅠレース・トップ100」を元にしたレースのポイントで順位が決定する、ワールドベストジョッキーランキングにおいて、マーフィー騎手は2位となった(1位はデットーリ騎手)。ムーア騎手、ボウマン騎手、ビュイック騎手など超一流騎手を抑えての2位だけに価値がある。

ずっと日本で騎乗したかった

短期免許初日となった15日には5鞍に騎乗。10Rの舞浜特別では6番人気のサニーダンサーに騎乗し、3戦目でJRA初勝利を挙げている。

黄色い服着たマーフィー,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

翌日には10鞍に騎乗し、3勝を挙げるなど、日本の競馬への適応能力の高さを示した。初勝利後のインタビューでは、「オルフェーヴルが凱旋門賞で2着となったレースを見て日本の競馬に興味を持った。それからずっと日本で騎乗したいと思っていました」と話した。

黒に赤たすきの服着たマーフィー,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

土曜日の最終レース終了後には、遅くまで残っていた多くのファンに即席サイン会を開くなど、あどけない表情からにじみ出る人柄の良さは、ファンにも十分伝わったはずだ。

柔らかい手綱さばきと豪快なフォームを併せ持つマーフィー騎手。29日までの短期免許期間中にどれだけ勝ち星を伸ばせるのか注目したい。

おすすめの記事