「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【動画あり】武豊、ルメールが参戦した香港・IJCレース回顧

香港ジョッキー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

香港・IJC開催、キーン騎手が初戦を制する

12月5日、香港・ハッピーバレー競馬場で国際騎手招待インターナショナル・ジョッキー・チャンピオンシップが開催され、日本からは武豊騎手とクリストフ・ルメール騎手が参戦した。

騎手紹介の後、花火が打ち上げられるなど豪華な雰囲気の中、スタートした同イベントを振り返っていく。

第1戦は1000m戦で行われた。中団追走から力強いフォームで豪快に追い込んだアイルランド代表のコリン・キーン騎手が勝利し、12ポイントを獲得。3番手を追走したシルヴェスター・デソウサ騎手が2着で6ポイント、3着にティータン騎手が入って4ポイントを獲得した。

なお3コーナー手前から先頭に立って、4着に終わった武豊騎手は不注意騎乗により、香港ジョッキークラブから12月26日から30日までの騎乗停止処分を受けている。

デソウサ騎手が逃げ切り

第2戦から最終戦までは1650m戦で行われた。第1戦で2着となったデソウサ騎手が逃げ切って勝利。2着は道中5番手を追走していたハビエル・カステリャーノ騎手、初戦で勝利したキーン騎手が追い込んで3着に入線した。

第2戦を終えてトップは18ポイントのデソウサ騎手、2位に16ポイントのキーン騎手、3位に6ポイントのカステリャーノ騎手となった。

おすすめの記事