「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

馬場適性が高い3歳馬カンタービレ 先週の馬場傾向から考察するエリザベス女王杯

表
このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態の見極めが必要

馬券を買う上で必要な情報の一つが馬場状態。そこで、普段から馬場適性に着目して競馬を楽しんでいる競馬好きSPAIA編集部員が、先週11月3日(土・祝)と4日(日)に京都競馬場の芝コースで行われたレース結果と出走馬の過去の成績から、11日(日)に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(GⅠ・芝2200m)出走馬の馬場適性について分析する。

上がり3Fの平均は34.4

先週、京都競馬場の芝コースで争われたレースは13レースで、馬場発表は全て良馬場だった。そこから見えてきた結果は次の2つだ。

表

まず、全体的な勝ち時計は平均的からやや掛かり気味だということが言えるだろう。

詳しくみると、芝2000m戦が3レースあり、いずれも2歳戦や500万下の下級条件であったものの、最も速い決着でもハイヒール(牝3、栗東・清水久詞厩舎)が勝った3歳以上500万下の2:01.2となっている。

その一方で1000万下の1800m戦、近江特別は1000m通過が59.5と淀みのない流れとなるなか、先行したジークカイザー(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が1:45.7という時計で勝利しており、GⅠのエリザベス女王杯もペース次第では、好時計のレースになる可能性もある。

続いて先週行われた芝レースの上がり3Fの平均は34.4。33秒台の上がりを記録したのは、いずれも少頭数のスローペースのみだった。これらの情報を踏まえたうえで、エリザベス女王杯に出走する馬の中で、上位人気になりそうな馬の適性について見てみよう。

おすすめの記事