「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今週もルメールか?エリザベス女王杯、データ展望

エリザベス女王杯
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸJRA

今回もルメールでいいのか?

今、一番勢いに乗っているのがルメール騎手。10月以降行われたGⅠ級のレースは全部で6回。うち4勝、3着1回と、馬券圏内を外したのは、先週のJBCレディスクラシックの4着のみ。今週の騎乗予定馬はノームコアと、実績がある馬だけに軽視はできない。

京都芝の騎手データ

過去3年の京都競馬場の芝での騎手データは次の通りである。

勝ち星トップ3を見ていると、川田騎手がかろうじてトップだが、特筆すべきはルメール騎手の連対率と、複勝率。複勝率に関しては、5割を超えており、驚異的な数字といえよう。

分母が少なく、参考にはならないかもしれないが、京都2200メートルに絞っても、連対率、複勝率ともに4割を超えている。

おすすめの記事