「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競馬場の主役は競走馬たち!時代を駆け抜けた名馬をご紹介!

2016 12/9 21:03
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.asahi.com/

競馬場の主役は観客やジョッキーではなく、サラブレッドと呼ばれる競走馬たちだ。強さや速さはもちろんのこと、堂々とした雰囲気のサラブレッドたちは人々を魅了する。日本が誇る名馬を紹介したい。

誰もが知る名馬“ディープインパクト”

競馬ファンのみならず競馬を全く知らない人でも、一度は耳にしたことのある“ディープインパクト”は、競馬が始まってから6頭目となる“中央競馬クラシック三冠”を2005年に無敗で達成した競走馬だ。翌年の2006年には日本の調教馬としては初めてとなる、芝・長距離部門でなんと世界ランキングトップになった。
生涯成績は14戦12勝、獲得賞金は歴代3位となる14億5455万円で、数々の輝かしい実績を残している。最後の引退レースとなった有馬記念では、その勇姿を見ようと5万人をこえるファンが集まった。

第一次競馬ブームのきっかけになった名馬“ハイセイコー”

1970年に誕生したハイセイコーは、生まれつき体格もよく将来を有望視される競走馬だった。1970年代には社会現象を巻き起こし、国民的アイドルホースと呼ばれ、子供からお年寄りまで知らない人はいないほどの人気を誇った。
第一次競馬ブームのきっかけにもなったハイセイコーは、生涯成績が22戦中13勝をあげた。1972年に大井競馬場でデヴューして6連勝を記録、翌年には中央競馬に出場し“地方競馬の怪物”として人気を博する。
ハイセイコーが生み出した第一次競馬ブームは、それまでギャンブルだった競馬が、レジャーへと転じるイメージのきっかけになったと評価されている。

おすすめの記事