「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【AI府中牝馬S予想】本命はダノンファンタジー 中内田厩舎×川田騎手はGⅡ勝率50%

2020 10/17 08:00SPAIA編集部
2020年AI府中牝馬SインフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

本命はダノンファンタジー

10月17日に東京競馬場で行われるのは牝馬限定のGⅡ・アイルランドトロフィー府中牝馬Sだ。わずか8頭という少頭数の一戦をAIはどう見たのか。

本命はダノンファンタジー。良馬場に限ればデビュー以来、GⅠでも掲示板を外していない堅実派だ。ちなみに、管理する中内田厩舎は過去3年でGⅡ勝率28.0%の好相性。主戦でもある川田騎手を起用した場合に限定すると、勝率50%、単回収率は192%まで上昇する。

中内田厩舎クラス別



2番手にも人気サイドからラヴズオンリーユー。昨年は無敗の4連勝でオークスを制した馬。春シーズンこそドバイワールドCデー中止の誤算もあって歯車がかみ合わなかった印象だが、仕切り直しとなる今回は順当に力を発揮できそうだ。

以下、春に重賞2勝のフェアリーポルカ、京成杯AHを連覇したトロワゼトワル、前走で牡馬相手に鮮やかな後方一気を見せたサラキアに印を回している。人気馬に逆らうこともなく、堅い決着と見たようだ。

AI予想エンジンKAIBA
◎ダノンファンタジー
○ラヴズオンリーユー
▲フェアリーポルカ
△トロワゼトワル
×サラキア

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

おすすめの記事