「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿地方のハンドボールの強豪校について

2017 2/16 10:10
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

高校野球の強豪が数多くあるように、ハンドボールについても、近畿地方には強豪校が多数存在しています。 学校数も関東に次いで多い地方といえ、競技熱は高い地方です。 そんな近畿地方の強豪校を紹介します。

施設は抜群、大阪体育大学浪商高等学校

大阪体育大学に併設されている高校であり、大学の施設も練習で使うことができるため、環境面では非常に充実しています。 また、指導教員にもOBOGが多くその豊富な経験を生かして積極的な指導を行っていることも他行にはない特徴です。
ハンドボール部は2010年、2015年、2016年とインターハイに出場しており、今年はベスト4に残りました。 また、2015年の選抜大会では全国3位に入るなど、特に近年は着実に力をつけてきています。 全国優勝を目標に掲げ、毎日練習に励んでいます。

インターハイ9年連続出場、神戸国際大学附属高等学校

兵庫県の絶対王者は神戸国際大学附属高等学校です。アスリートコースが設置されているように、非常に部活動には熱心な学校で、ハンドボール部はほぼ専有できるアリーナを持ち、日頃から室内で練習できる環境が整っています。
インターハイには平成28年まで9年連続で出場しており、目標は全国制覇です。もっとも、近年の最高成績がベスト16なのは気になるところではあります。
学生寮もあり、部活動に集中できる環境も整っています。 年10回程度の合宿、遠征を行い、「時間ある限り全力を」をモットーに日々の練習に励んでいる学校です。

おすすめの記事