「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方のハンドボールの強豪校について

2017 2/16 10:10
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by roibu/Shutterstock.com

中部地方、特に北陸地方や中央高地(新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、山梨県)について、ハンドボールの強豪校をまとめてみたいと思います。 県の名前だけ列挙しても馴染みが少ない地方かも知れませんが、果たして高校ハンドボール界での実力はどうでしょうか。

14回のインターハイ出場、金沢市立工業高等学校

今年、6年ぶり14回目のインターハイ出場を成し遂げた石川県の強豪校です。後述する小松工業高校と石川県ではしのぎを削っています。
練習は週6日、体育館で基礎基本を大切に、体力強化、テクニック、ステップワーク等の練習を行っており、日々厳しい練習に励み、ハンドボールを通して豊かな人間性や自主・自立の精神、社会に通用する人材を育成することを目標に掲げて活動しています。
学校は、「高い教養と優れた技能を」、「責任ある言動と協調の精神を」、「勤労の喜びと健全な精神を」を教育理念に掲げ、ハンドボール部は全国上位を目指して、まさに学校の考えを実践しています。

石川県の二大巨頭、小松工業高等学校

金沢工業高校と石川県の覇権を争っているのが小松工業高校です。 体育館での厳しい練習を行い、全国大会出場、上位への進出、を目指しています。
小松工業高校は、南加賀にある唯一の高等学校であり、生徒の目標に合わせた4つの学科を用意しています。人材育成の一環として、部活動の活性化を推進するとともに、企業連携、中高・高大連携、学警連携等にも積極的に取り組んでおり、実践的な工業技術、規範意識やマナーの醸成を図りながら、地域より信頼される工業の専門高校を目指し、心身ともにタフな人材育成を目指している高校です。

おすすめの記事