「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

石川遼の2019年完全復活を期待 昨季最終と今季序盤スタッツ

2019 2/16 11:00SPAIA編集部
石川遼,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

復活を期待された2019年シーズン、序盤は成績を伸ばせず

石川遼の成績がパッとしない。2018年シーズン最終戦「日本シリーズJTカップ」では、最終日3打差を追いついてプレーオフに進出。惜しくも優勝は小平智に譲ったが、最終日スタートホールでダブルボギーをたたきながら、7バーディで追い上げた爆発力は復活を印象付けるのに十分だった。

期待されて臨んだ2019年シーズン開幕戦、1月17日から開催された「SMBCシンガポールオープン」では、初日2アンダーの28位タイから、2日目5アンダーとして首位と1打差の2位タイに浮上、優勝のチャンスを迎えながら、3日目2オーバーで16位まで順位を下げると、最終日は4オーバーとして47位タイで終戦を迎えた。6年ぶりに変えたアイアンの調整が追いついていなかったようだ。

今季2戦目となった欧州・豪州の共催大会「ISPS HANDA ヴィックオープン」は、男女同時開催それもスタートは交互という珍しい大会。石川は、初日2オーバーとして首位から12打差の152位タイと出遅れると、2日目はパープレーと伸ばせず、首位から16打差の139位タイで決勝には進めなかった。

試合後は取材陣に対してパットのラインを読みきれなかったとコメントした。ただ、ドライバーはほとんど曲がらず、アイアンも徐々によくなっているようだ。それでは、パットがよくなればスコアは戻ってくるのか。この大会のスタッツと2018年最終戦「日本シリーズJTカップ」のスタッツを比較検証してみた。

おすすめの記事