「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

飛距離が魅力の原英莉花 2019年期待度ナンバーワン

2019 2/11 11:00SPAIA編集部
原英莉花,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2018年ステップ・アップ・ツアー2戦2勝

原英莉花は神奈川県横浜市出身、1999年2月15日生まれの19歳。黄金世代の1人だが、高校時代はこれといった実績を残していない。高校を卒業した2017年にプロテストを受けるも、最終テストで2打届かず不合格に終わっている。この年のQTでも成績は残せず、2018年シーズンはTP単年登録を申請。QTランキング117位の資格で参戦した。

注目を集めたのは、ツアー第4戦「アクサレディス in MIYAZAKI」の2日目でのこと。初日首位と3打差の3アンダー、18位タイからスタートすると、2日目は4アンダーとして、首位と3打差の6位タイに浮上、優勝戦線に躍り出た。最終日は2オーバーと崩れ、16位タイまで順位を下げたが、充分にインパクトを残して大会を終えた。

プロ初勝利はステップ・アップ・ツアー開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」で挙げた。初日首位と3打差の7位タイからスタートし、2日目の最終日を5アンダーとして逆転で優勝を飾った。原はステップ・アップ・ツアーには2試合しか出場していないが、もうひとつの「日医工女子オープン」でも最終日4打差を逆転しての優勝を飾り、2戦2勝という記録を作っている。

QTランキング117位の資格では、ツアー出場は限られる。それでも1回目のリランキングまでの17試合中8試合に出場して、7位タイ、12位タイと健闘。1stリランキングを28位で通過し、2ndリランキングまでほぼ全試合の出場権を手に入れた。

おすすめの記事