「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なぜパットは難しい? ここ一番で入るパットとは

2019 1/13 15:00SPAIA編集部
ゴルフ,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロとアマチュアのグリーンの違い、アマチュアに最適のパットとは

グリーンの傾きは、ボールとホールを結ぶ線上のホール側からと、グリーンの最下点の2か所から確認したほうが分かりやすい。

傾きが分かれば、それに芝目を加味したカップまでのライン(ボールがカップに入るまでの道筋)を想像する。ラインが決まればいよいよボールを打つのだが、ボールの距離や傾斜の程度、自分の技量によって、狙うのか寄せるのかはっきり決める。

自分の決めたラインに向かってボールを打ち出すのだが、ラインの決め方が重要になってくる。ボールはスピードの遅いほうがグリーンの影響を受けやすい。したがって、下りや高速グリーンなどで強く打てないパットは、芝目や傾斜の影響を強く受けてよく曲がる。

プロは、高速グリーンに対応して、曲がり幅を多く見てカップを外したライン取りをする場合が多いのだが、それほど速くないグリーンでいつもプレーしているアマチュアは、できるだけカップの内側を狙ったほうが成功率は高くなる。

カップを外して狙ったボールを入れるのは難しい。狙った場所に打ち出せても、少し強く打つと曲がり幅が少なくてカップの外側を抜けてしまい、少し弱いとカップの手前で曲がってしまう。方向と強さがピッタリ合わないとボールはカップに入ってくれない。

一方カップの内側を狙ったボールの場合、弱ければ同じく手前で曲がるのだが、少々強く打ち出したとしてもまっすぐカップに入ってくれるため、パットの打ち出しが弱くならないことだけを気にかけていればよい。勿論、狙った場所にまっすぐ打ち出す技術は必要なので、これについては練習を積み重ねるしかない。

おすすめの記事