「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鈴木愛、惜しくも平均ストローク更新ならず。女子プロゴルフツアー全日程終了

2018 11/27 15:00SPAIA編集部
鈴木愛,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2か月間の戦線離脱で遠のいた賞金女王のタイトル

LPGAツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は申ジエの優勝で幕を閉じ、2018年シーズンの全試合日程が終了した。この結果、メルセデスランキング1位に申ジエ、賞金女王にはアン・ソンジュが輝き、“韓国勢強し”という印象を与えた。

しかし、この2人を抑え平均ストロークを獲得したのは、昨シーズンの賞金女王として意地を見せた鈴木愛だった。

今シーズンの鈴木は6月の「ニチレイレディス」までに4勝を挙げる快進撃で、2年連続賞金女王に向けて順調なスタートを切ったかに思われた。だが、7月初めの「ニッポンハムレディスクラシック」の出場を最後に、右手首を痛め戦線を離脱。約2か月間のブランクを余儀なくされ、出場試合数も23試合に留まった。

この試合数では、さすがにメルセデスランキング1位も賞金女王も厳しかったが、平均ストロークのタイトルへの道は残されていた。

おすすめの記事