「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校ゴルフ注目の強豪校5選

2016 8/30 05:51
ゴルフ ティーアップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎県の強豪校 日章学園高等学校

私立の中高一貫校で、2015年に創立65年を迎えた宮崎県内では比較的新しい学校だ。世界を舞台に戦うプロボクサーやプロ野球選手など多くの有名選手を輩出するなど実績を残している。
同校の女子ゴルフ部に在籍する三浦桃香さんは、平成28年に行われた第46回九州女子ゴルフ選手権においてベスト3入りを果たし、同校OGの森満絢香さんが準優勝に輝いた。男子ゴルフ部も第26回九州高等学校ゴルフ選手権新人大会において団体戦ベスト3入りを遂げている。

広域にキャンパスを開校する 日本ウェルネス高等学校

通信制の高等学校で、全国各地にキャンパスなどを開設している。今から10年前の2006年に愛媛県今治市に第一キャンパスが開校され瞬く間に全国展開をした。
2014年に創部したてのゴルフ部は同年に男女共にプロツアー大会への多数出場を果たし、上位進出を決めている。創部1年後には全国高校選手権の男子団体の部で準優勝、日本ジュニア選手権で女子が準優勝に輝いている。全国タイトル男女総なめも近いうちに実現されるかもしれない。

千葉県の超強豪 麗澤高等学校

中高一貫の教育制度をとる私立校で、学校法人廣池学園が運営を行っている。同校はバスケットやサッカーなどの体育会系部活や競技かるたをはじめとする全ての部活動に大変力を入れている。
特に素晴らしい活躍を見せるのがゴルフ部だ。平成28年に行われた国民体育大会千葉県大会ゴルフ女子では工藤優海さんが優勝に輝き、準優勝2名に長野未祈さん・吉田優利さんが勝ち取り、国体千葉県代表選手の枠全てを同校の選手が独占した。華麗な戦いをしてくれることに期待したい。

まとめ

公立高校ではなかなか運営が難しいためか、やはりゴルフ部の強豪校は全国的に私立が多いように感じた。
より一層の活躍に期待するとともに、もっとゴルフ人口が増加してメジャー競技となることを願いたい。

おすすめの記事