「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ史に刻んだ起死回生のアンプレヤブル!2017年全英オープン

2017 9/13 14:03hiiragi
ジョーダン・スピース選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

流れを変えたアンプレヤブルのボギーセーブ、ジョーダン・スピース選手

こうなると他のプレーヤーにも可能性が見えてきた。最終日1オーバー29位タイからスタートした中国出身の李昊桐(Haotong Li)選手は、ボギーなしの7バーディで回りトータル6アンダーでホールアウト、プレーオフに備えて練習を開始した。2アンダー11位タイからスタートしたロリー・マキロイ選手は3アンダーで迎えた17番ロングホールでイーグルを決め5アンダーまでスコアを伸ばし最終18番に望みをかけた。

そんな中ジョーダン・スピース選手は、ドライビングレンジからの第3打をグリーン右手前のガードバンカーすぐ後ろまで運び、ボギーで切り抜けた。この時点でマット・クーチャー選手8アンダー、ジョーダン・スピース選手7アンダー、李昊桐選手6アンダーと先の読めない展開となった。

しかしここからジョーダン・スピース選手のゴルフが一変する。14番ショートホールで2mのバーディを決めて首位に並ぶと、15番ロングホールでは15mのイーグルを決めて再び単独首位に躍り出た。さらに16番、17番でもバーディを奪い、12アンダーまでスコアを伸ばし勝負を決めた。
マット・クーチャー選手も15番、17番でバーディを奪いよく粘ったが最後は勢いに飲み込まれた形で力尽きた。

おすすめの記事