「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サラブレッドゴルファーは世界に羽ばたけるのか!川岸史果

2017 9/13 14:03hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

自信になった全英女子オープン最終日

日本でのメジャー第1戦が終わると海外メジャー第3戦全米女子オープンへの出場を目指して、日本地区の予選会に出場した。この予選会は1日36ホールで行われ、上位4名が本選に進める。川岸選手はプレーオフを勝ち抜いて4番目に出場権を獲得した。

初出場の全米オープン。キャディは父親の川岸良兼氏が買って出た。2番ホールで幸先良いバーディを奪うが、4-オーバーで迎えた13番ミドルホールではグリーン左の窪地に落としたボールが上がらない。このホールで8打を要し、初日は7オーバー、全米オープンへの挑戦は事実上終わりを告げた。2日目をイーブンパーで乗り切っただけに初日が悔やまれた。

海外メジャー第4戦全英女子オープンへの出場権は6月25日アース・モンダミンカップ終了時の賞金ランキングで有資格者を除く上位5人に与えられる。川岸選手は6位だったが上位選手の出場辞退で繰り上がりで出場権を手に入れた。その全英オープンでは初日は1オーバーと苦しい立ち上がりだったが、2日目は2アンダーで回りトータル1アンダーで予選を通過した。3日目はイーブンパーでこらえると、最終日は1イーグル5バーディ1ボギーと爆発、6アンダーで回りトータル7アンダーと23位タイまで順位を上げた。1日だけのビッグスコアだったが、順位以上の自信になったのではないか。

おすすめの記事