「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんな場合どうする?分かりにくい処理の方法とゴルフルール変更案

2017 8/25 10:07hiiragi
ゴルフ 旗竿
このエントリーをはてなブックマークに追加

障害物からの救済、カート道路の上に止まったボール

障害物とは人工のものをいい、距離の表示杭やウォーターハザードの表示杭のように動かせる障害物とカート道路や木の支柱などのように動かせない障害物とがある。動かせる障害物が邪魔な時は障害物を動かせばいいし、動かせない障害物が邪魔になる時はボールを動かす。

動かせない障害物からは、スタンス、スイング共、邪魔にならない場所までボールを動かしていいが、次の通り条件が3つある。

・障害物からの障害がなくなること。
・元のボールの位置よりホールに近づかないこと。
・元のボールの位置から最も近い場所であること。

カート道路の上にボールが止まった場合、「コースを横切るカート道路」なら、ホールに近づく「前」方向はダメなので、「後ろ」にボールを動かせばいい。

では「コース側面にあるカート道路」の上にボールが止まった場合はどうか。ホールに向かって左側にボールを動かす場合、右利きのプレーヤーならボールがカート道路を避けさえすればいいが、左利きのプレーヤーだとスタンスもカート道路を避けなければいけない。カート道路を避けてスタンスを取ると、ボールの位置はさらに1m近く離れてしまう。右側に動かした場合も同様右利きはさらに右側がボールの位置になる。

このように右利きと左利きではカート道路から避けるボールの位置が違い、元のボールの位置から最も近い場所は、右利きならカート道路の左側、左利きなら右側のケースが多くなる。この最も近いボールの位置をニヤレストポイントと言い、ニヤレストポイントからホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップしてプレーを続ければいい。

グリーン上の煩わしい禁止事項のルール変更案

パッティンググリーン上では他とは違う特別なルールが存在する。グリーン上のボールはいつでも拭くことができるしボールマークや古いホールの埋跡でできた損傷などはいつでも直してもよい。一方グリーン上ならではの禁止事項も多い。プレーヤーは自分のパットの線に触れてもいけないし、グリーン上から打ったパットがホールに立っている旗竿に当たっても2打罰が付く。

実はこれらの禁止事項が撤廃される可能性が出てきた。JGAの説明だと、ゴルフルールの総本山R&AとUSGAから2019年新規則案が発表されたのだ。それによると、パッティンググリーン上でプレーの線に触れることの禁止は廃止され、グリーン上からストロークしたボールが、ホールに立ったままの旗竿に当たっても罰はなくなる。

変更の理由は、前者は現行規則は例外が多く運用が難しいこと、触れるだけでは利益が得られるとは思えないこと。後者は、主にスピードアップの観点からだが、近年は競技会でもセルフプレーが多くなっており、有効な変更だと思われる。

そのほかにもスパイクマークの修理が可能になるなど、分かりやすい変更案が多い。グリーン以外でもドロップの方法など多岐にわたる。未だ案の段階で、多くのゴルファーのフィードバックを受け付けている段階だが、採用されればすっきりしたルールブックになりそうだ。

おすすめの記事