「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スポンサーはANA、女性版マスターズ2017の概要と日本人選手

2017 6/28 09:44hiiragi
ana inspiration
このエントリーをはてなブックマークに追加

出場資格と該当選手

各トーナメントはそれぞれ独自の出場資格を設定しており、メジャー競技では出場資格が厳しくなる。ANAインスピレーションの出場資格優先順位1番は、LPGAツアー殿堂入りを果たしている現役選手。2番はANAインスピレーションの過去の優勝者。3番は過去5年間のメジャー優勝者、4番は過去4年間のエビアンチャンピオンシップ優勝者と続く。
出場資格優先順位5番目は過去3年間のLPGA大会優勝者であり、2016年に2勝を挙げた野村敏京選手は、このカテゴリーで出場した。6番はリオオリンピック金メダリストで、韓国の朴仁妃選手だが、朴選手は1番~5番まで4番以外の基準に全て該当するというスーパースターだ。
7番が前大会20位以内の選手となり、宮里藍選手は前年18位だったことにより出場権を獲得した。8番が前年のメジャーで5位以内である。2016年大山志保選手はこのカテゴリーで出場権を手に入れる。
9番が前年のLPGA賞金ランキング80位以内で、シード選手には全員出場権が与えられる。日本の上原彩子選手、横峯さくら選手、宮里美香選手は9番目の出場資格で出場権を獲得した。
その他にも、前年の欧州、日本、韓国ツアーA賞金ランキング2位以内、3月7日時点の世界ランキング30位以内でも出場できる。

2017年大会日本人選手の成績

2017年、日本人選手は、あまりいい成績を残せなかった。最終的に一番いい成績でホールアウトしたのは、27位タイの上原彩子選手であった。上原選手は2013年から主戦場をUSLPGAに移し2016年は賞金ランキング78位でシード権を維持、辛うじて出場権を獲得する。3日目69を出し、上位進出のきっかけはつかんだものの、最終日スコアを伸ばしきれなかった。
続いて40位タイが宮里藍選手。宮里選手は2016年18位タイに入り、2017年上位入賞が期待されての出場であった。しかし初日78位タイからのスタートとなり、予選は通ったものの、もう一つ波に乗れないまま、終わってしまった。
横峯さくら選手は初日15位タイとまずまずのスタートを切ったものの、2日目3日目のスコアが響いて68位タイ。
野村敏京選手も初日15位タイからのスタートを活かせず、70位タイト低迷した。宮里美香選手は初日から波に乗れず、予選落ちに終わっている。
もう一人、日本LPGAツアーからイ・ボミ選手が出場した。イ・ボミ選手は2016年大会は10位に入っている。期待されたが、3日目、最終日とスコアを落とし、66位タイの成績だった。

おすすめの記事