「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の女子高校生ゴルファーは世界を席巻できるのか

2017 5/17 09:55hiiragi
AI MIYAZATO
このエントリーをはてなブックマークに追加

全米女子オープンゴルフ山口すず夏選手

2017年日本LPGAツアー第3戦Tポイントレディス ゴルフトーナメントには、5名のアマチュアが出場して、そのうち4名は高校生だった。予選を通過した高校生は、山口すず夏選手と皆吉愛寿香(みなよしあすか)選手の2人だ。

山口すず夏選手は神奈川県出身で東京の共立女子第二高等学校に通う高校生だ。ゴルフは7歳のころから始め、ドライバー平均飛距離は240ヤード、日本アマチュアゴルフランキングは40位だ。2013、2014年と年神奈川県アマチュアゴルフ選手権12〜14歳の部で優勝すると、2015年には全米女子オープンゴルフ選手権の日本地区最終予選で2位に入りプロ5名と共に本選出場を果たした。当時14歳の中学生で、日本人史上最年少出場だった。2016年は日本女子オープンに出場するも予選落ちだった。

一方、皆吉愛寿香選手は鹿児島県の神村学園高等部に通う高校生だ。10歳のころからゴルフを始め、ドライバー平均飛距離は240ヤード、得意クラブはアイアンだ。2012、2013年と鹿児島県ジュニアゴルフ選手権に優勝、2014年には鹿児島県民ゴルフ選手権で優勝した。2017年Tポイントレディスでは初日69で7位タイにつけ、注目を集めた。

おすすめの記事