「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャーハンターチョン・インジ選手は世界ランキング1位になれるのか

2017 4/12 20:20hiiragi
golf In Gee Chun
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年全米女子オープンに優勝したアメリカでの戦い

2015年は全米女子オープンにも出場する。2014年末には世界ランキング20位になっていたので、出場資格には問題なかった。
初日は-2で首位と2打差の6位タイと好スタートを切った。しかし、2日目はパープレーとスコアは伸ばせず5位タイで終わる。この時点で、首位は-7で韓国のエイミー・ヤン選手、2位タイには-4で大山志保選手が着けていた。 3日目は-2で回り単独3位に順位を上げる。首位は-8でエイミー・ヤン選手、2位には-5でステーシー・ルイス選手が続いた。
最終日は前半2つスコアを伸ばし、バック9へ。そして終盤15番からの3連続バーディでスコアを伸ばす。最終ホールはボギーとしたものの、-4で回りトータル-8として勝負を決めた。2位には-7でエイミー・ヤン選手、大山選手は-3で5位タイだった。
この年、チョン・インジ選手は日本ツアーで2勝、アメリカツアーで1勝を挙げる。驚いたことに、その全てがそのツアーのメジャー大会だった。それも日本、アメリカのナショナルオープンを初出場で制覇、主要ナショナルオープンでは全英女子オープンを残すのみになった。

2016年オリンピックに向けてUSLPGAにフル参戦

2016年はUSLPGAに専念する。オリンピックを数か月後に控え、世界ランキングも気になる頃だった。特に韓国女子は、自動選出となる世界ランキングベスト15までに8人も入っており、上位4名に向けて、熾烈な戦いが繰り広げられていた。
初戦コーツゴルフ選手権では3位タイ、2戦目ホンダ LPGAタイランドでは2位と好調な滑り出しを見せた。この時点でチョン・インジ選手は世界ランキング6位、韓国勢ではで3位とオリンピック圏内につけていた。次戦はシンガポールで行われる、HSBC女子チャンピオンズだ。そんな中、事件は起こる。
世界ランキング10位で、韓国勢では6位につける、ジャン・ハナ選手のキャリーバッグがシンガポール空港のエスカレーターでチョン・インジ選手を直撃してしまうのだ。この事故でチョン・インジ選手は試合を欠場、世界ランキングは8位、韓国勢でも5位とオリンピック圏外に後退する。
しかし、ジャン・ハナ選手はHSBC女子チャンピオンズで優勝を飾り、世界ランキングは5位、韓国勢でも2位と順位を上げ、当確ラインに滑り込んだ。
オリンピック出場を争う当事者同士の事件だけに、世間も注目するが、気持ちは切り替えたとのチョン・インジ選手の発言もあり、一件落着した。

おすすめの記事