「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【フィギュアスケート男子】世界選手権でメダリストとなった日本人選手

2018 1/19 10:38Mimu
宇野昌磨
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代を担う若きスケーター!宇野昌磨

今男子フィギュア界で、羽生に次ぐ注目を浴びているのが宇野昌磨だ。2017ヘルシンキ世界選手権で銀メダルを獲得すると、全日本選手権2連覇を果たし、平昌オリンピックの代表にも選ばれている。
順風満帆に見える宇野だが、2013-2014年シーズンまではジュニアの中でもやや遅れをとっていた選手だった。特にジャンプで苦労しており、トリプルアクセル、4回転ジャンプなど、当時の宇野には足りないものが多かった。

高校2年時に3アクセルと4回転をマスターすると、そこからは飛躍的に成績が向上し、わずか2年で世界のトップクラスと対等に渡り合うほどになった。地道に積み重ねていった努力が、急スピードで花開いていったのだ。
間違いなく今後のフィギュア界を担っていく選手であり、これからもますます成長してくれる選手だろう。

おすすめの記事