「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の新鋭・村田諒太の功績をチェック!

2016 10/24 19:31
村田諒太Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【村田諒太の功績3】一度引退しながら現役復帰、国際舞台でも活躍

大学卒業後に村田が選んだのは、東洋大学職員として勤務しながらボクシング部コーチとして後進を育てる道だった。しかし、部員が不祥事を起こしてしまい、監督責任を問われる形で辞任。部の存続すら危ぶまれた中で、村田は自らが現役復帰する形で母校の名誉を回復しようと決意したのだ。
再びリングに舞い戻った村田は、2009年から全日本選手権を3連覇しただけではなく、世界選手権で銀メダルを獲得するなど国際的にも強いボクサーとしてその知名度を上げていった。

【村田諒太の功績4】ロンドン五輪で金メダルを獲得

そして迎えた2012年のロンドン五輪。ミドル級日本代表選手として出場した村田は、準々決勝でアデム・キリッチ(トルコ)、準決勝でアボス・アトエフ(ウズベキスタン)を撃破。決勝でもエスキバ・ファルカン(ブラジル)を僅差で破り見事優勝を飾る。
前評判は決して高くはない選手ではあったが、金メダル獲得に日本中が驚愕した。ボクシング競技での日本人選手の金メダル獲得は、1964年に開催された東京五輪での桜井孝雄(バンタム級)以来ということで、一夜にして村田諒太の名は日本全国に知れわたることになった。

【村田諒太の功績5】プロ入り後11戦無敗、世界王者を狙える位置に

五輪金メダリストの肩書きを持って、2013年にプロ転向を決意。アマチュアボクシングへの愛情は大きなものだったが、紆余曲折を経てプロの世界に足を踏み入れることになった。
プロテストは問答無用の一発合格、2013年に迎えたデビュー戦は2ラウンドTKO勝ちという上々の滑り出し。以後ノンタイトル戦を戦いつつ実績を積み上げている。これまでキャリア無敗、ランキングもWBOとIBFが3位、WBCが4位、WBAが9位と世界タイトルを狙える位置にいる。

まとめ

かねてから「ラスベガスで試合をするのが夢」と語っており、海外志向が強い村田諒太。プロキャリアは今のところ順風満帆だ。 プロ転向後ファンは増えており、世界タイトルをかけた戦いを期待されている。村田が聖地・ラスベガスでチャンピオンに挑戦する日も近いかもしれない。

おすすめの記事