「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】最短でB1復帰した島根 総合力の高さで“唯一”の椅子を射止める

2019 5/10 11:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

安定感のなかった昨季、厚かったB1の壁

B2プレーオフ3位決定戦で熊本ヴォルターズに91−88、82−77で連勝した島根スサノオマジック。今季はB2ファイナルに進出した信州ブレイブウォリアーズ、群馬クレインサンダーズがB1ライセンスを持っていないため、B2で3位のクラブがライジングゼファー福岡と入れ替わる形でB1昇格ができる流れになっていた。つまり、この3位決定戦の結果で島根がB1に昇格することになったのだ。

島根はB2初年度を51勝9敗と最高勝率でシーズンを戦い抜き、最終的には準優勝だったものの次年度のB1での戦いに希望を持たせるシーズンだった。

しかし、勝久マイケルヘッドコーチ(現信州ヘッドコーチ)から鈴木裕紀ヘッドコーチに指揮官を変更し、選手も一新。シーズン中にも7名の外国籍選手が入れ替わるなど、終始安定せず11勝49敗で終了。残留プレーオフにも敗れ、わずか1年でB2降格となった。

低迷の原因は、やはりチームを総入れ替えしたことにある。前年B2最高勝率を記録したチームから残留したのは2名のみで、ヘッドコーチも交代したことでケミストリーやプレースタイルなど、一からチームを作る必要があった。その上、外国籍選手が何度も入れ替わるなど、終盤にかけてチームの熟練度を上げていくはずが、年間を通してチーム作りをしていた印象だった。

そのため平均得点は最下位の70.9、FG%は16位の42.3%などアシスト数やターンオーバー数でもリーグ下位に低迷。オフェンスで苦しむ試合が多かった。

おすすめの記事