「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第35節】新潟が中地区優勝 コートに復帰した今村佳太も貢献

Bリーグ,新潟アルビレックスBB,今村佳太,池田雄一,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】新潟vs川崎 お互い譲らず同点で折り返す

新潟は出だしから#34ラモント・ハミルトンの3pや#54ダバンテ・ガードナーの得点などで好スタートを切る。しかし川崎も#22ニック・ファジーカスが3p2本を含む8得点などで追いかけ、10-10と振り出しに戻す。

中盤からは川崎の#7篠山竜青らが得点をすれば、新潟もハミルトン、ガードナーを中心にゴール下を制して、19-19で1Qを終了する。

2Qに入り、新潟のハミルトンのフリースロー2本が決まった後、しばらくはスコアが動かない展開となった。残り8分35秒、#22上江田勇樹に代わり、#30今村佳太がコートに入った。今村は、昨夏8月に開催された「第18回アジア競技大会」に男子日本代表チームとして参加し、不適切な行動により処分を受けていたが、復権(処分解除)となっていた。

その後、川崎#21バーノン・マクリンのスティールから#31シェーン・エドワーズがファストブレイクとなるダンクで同点にされる。さらに#0藤井祐眞のスティールから、セカンドチャンスを経てマクリンに得点をされ勝ち越しを許し、新潟はタイムアウトを請求することとなる。

Bリーグ,新潟アルビレックスBB,今村佳太,池田雄一,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


タイムアウト後、点の取り合いとなり、新潟・今村もフローターを決めて復帰初得点でチームに貢献。譲らない展開は終盤に向かっても続いていく。新潟は#7五十嵐圭のファストブレイクからリードする展開としたが、川崎#14辻直人に4点シュートを決められ逆転を許すが、最後はハミルトンのダンクで同点として前半を折り返す。

おすすめの記事