「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第29節】B1残留争いの横浜 プロセスが出来ていても得点に繋がらず

Bリーグ,横浜ビーコルセアーズ,ビーコル,トーマス・ウィスマン,田渡凌,ブランドン・コストナー,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】横浜・コストナーとスティーブンソン中心の攻撃でも得点にならず

横浜#33アーサー・スティーブンソンが先制点をあげるが、栃木#9遠藤祐亮に3p、#22ライアン・ロシターに速攻から得点され逆転を許す。

しかし、横浜は#34ブランドン・コストナーがスティールからファストブレイクで振りだしに。さらにスティーブンソンがユーロステップでペイントエリアにアタックするなど、今度は横浜が10-8とリードする。

ここで栃木がタイムアウトを挟んで選手を入れ替えるものの、横浜はコストナーがバスケットカウントを成功。川村もバックショットを決めて主導権を握り続ける。栃木も離されまいと#6比江島慎の3p、#13渡邉裕規もシュートなどを決めて、19-19の同点とし1Qを終えた。

2Qでは、残り8分を切ったところで、横浜#5湊谷安玲久司朱のミドルが決まりスコアが動き始める。さらにコストナーがリングにアタックし、フリースローを獲得。確実に2本を決めてリードを広げていこうとするが、栃木のロシターにダンクを入れられるなどで逆転を許してしまう。

Bリーグ,横浜ビーコルセアーズ,ビーコル,トーマス・ウィスマン,田渡凌,ブランドン・コストナー,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


オフィシャルタイムアウトが明けて、横浜は外に出ていたモリスを戻し、スティーブンソン、コストナーと3人が同時出場するビッグラインナップを敷く。得点には繋がらず、栃木のディフェンスに翻弄される場面もありながらも、なんとかリードを2点でとどまらせる。横浜はオフェンスリバウンドからコストナーが得点するものの逆転には至らず、栃木が2点リードで前半を折り返した。

おすすめの記事