「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】W杯効果で15試合が満員となったB1第25節 観戦文化を根付かせる好機

2019 3/6 15:00SPAIA編集部
篠山竜青,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

全18試合のうち15試合が満員に

2月21日、24日に行われた「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選 Window6」において13年ぶりにワールドカップ出場を決めた男子日本代表。自力出場としては1998年以来21年ぶりの快挙になったが、帰国後、代表選手は慌ただしくセレモニー等をこなして自チームに戻っていった。

そんな彼らの凱旋試合となった、3月2日と3日のB1第25節。3週間ぶりのリーグ再開に加え、ワールドカップ出場を決めたことで、前売りから完売となるカードがあるなど、週末を迎える前から好調な客足が予想できた。

蓋を開けてみれば、全18試合のうち満員となったのは15試合。Bリーグでは動員85%以上を満員と定義しているが、実に8割以上の会場で普段以上の熱気を放ったのだ。試合も代表選手の活躍や大逆転勝利、接戦の試合など、内容は違っていたものの、全会場で満足度の高いプレーを見せてくれた。

おすすめの記事