「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第25節】B1リーグ再開、役者がそろった川崎が連勝発進

川崎ブレイブサンダース,北卓也,シェーン・エドワーズ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】リバウンドで主導権を握られるものの3点ビハインドで折り返す

SR渋谷#32山内盛久に先制の3pを許した川崎だったが、この日怪我から復帰した#31シェーン・エドワーズがコーナーから3pを沈めて振り出しに戻す。さらに#14辻直人もシュートモーションからのファウルで獲得したフリースローを3本決め、#21バーノン・マクリンもレイアップで続く。ここから川崎は波に乗っていくかと思われたが、SR渋谷にオフェンスリバウンドを奪われる時間帯が続き、#34ライアン・ケリーにダンクを決められるなど、川崎7点リードながら、少しずつSR渋谷に主導権が渡っていく。

SR渋谷のタイムアウト明け、川崎は#7篠山竜青の好守備で流れを取り戻すかと思われたが、SR渋谷#1清水太志郎に3pを入れられると、#6ロバート・サクレのポストプレーなどで一気に逆転される。最後はケリーがレイアップを入れてSR渋谷3点リードで1Qが終了した。

2Q、川崎#22ニック・ファジーカスが得点するものの、その後は両チームともスコアメイクに苦しむ。しかし川崎はファジーカスと#33長谷川技が守備でチームに貢献したことで、3点ビハインドで中盤に入っていった。

川崎ブレイブサンダース,北卓也,シェーン・エドワーズ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


リードしていた川崎は2-3ゾーンディフェンスを敷くが、SR渋谷・サクレに間を抜かれて得点を許すなど、8点ビハインドとされる。しかし、この日好調なエドワーズの速攻、篠山からコーナーでパスを受けた辻が3pを沈めて、3点ビハインドまで戻したところで前半を折り返した。

おすすめの記事