「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Wリーグ】JX-ENEOSレギュラーシーズン1位 11連覇懸けプレーオフへ

Wリーグ,JX-ENEOS,梅沢カディシャ樹奈,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】トヨタ自動車・馬瓜ステファニーの活躍で同点まで戻す

出だしはJX-ENEOSペース。#33梅沢カディシャ樹奈のインサイド、#52宮澤夕貴がセカンドチャンスから決めるなどペースを掴んでいく。トヨタ自動車はこの日スタート5に名を連ねた#33馬瓜ステファニーのレイアップや、#12三好南穂で追いすがるが、点差はつまらない。中盤を過ぎると、トヨタ自動車はファウルが重なり、ペースを乱す。#10渡嘉敷来夢、#32宮崎早織のドライブで加点していったJX-ENEOSが10点リードで1Qを終了する。

2Qに入ると、トヨタ自動車は#7水島沙紀が最初のポゼッションで3pを沈めるが、ここからスコアが止まる。一方のJX-ENEOSは速攻でフロントコートに持ち込むと、梅沢がゴール下からしっかり入れ、#1藤岡麻菜美もバスケットカウントを成功させて一気に引き離していく。そして、再び藤岡から梅沢のホットラインが決まり、14点リードしたところでトヨタ自動車はタイムアウトを請求する。

Wリーグ,トヨタ自動車,馬瓜ステファニー,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ

タイムアウト後、トヨタ自動車は三好のジャンプシュート、#24栗原三佳の3pで点差を詰めていく。JX-ENEOSはタイムアウトで流れを止めに行くが、トヨタ自動車の勢いは止まらない。栗原がブロックショットでシュートを止めると、#15安間志織の得点を挟み、#2長岡萌映子が3pを決めて一気に6点差まで持ち込む。そして、安間がボールを追いかけて必死に奪ってから、馬瓜ステファニーにアシストすると、馬瓜ステファニーはそこから6得点を挙げ一気に追いつく。29-29の同点で前半が終了する。

おすすめの記事