「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第20節】千葉ジェッツ、3Qで逆転に成功 今季2度目の10連勝

千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】A東京カークがペイントエリアを支配 主導権を握る

千葉#21ギャビン・エドワーズが先制の3pを決め、A東京は千葉のターンオーバーに乗じて、#53アレックス・カークが内外に得点を重ねる。一気に7点リードされたところで千葉はタイムアウトを請求し、#34小野龍猛を投入。#27石井講祐が3pを沈めるが、A東京#3安藤誓哉にコーナーから3p、#24田中大貴のバスケットカウントで、A東京にリードを広げられた。

なかなか点差を詰められない千葉だったが、小野の3pを皮切りに、#2富樫勇樹、#1ジョシュ・ダンカンが得点。結局A東京が7点リードで1Qを終了する。

千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


A東京は出だしでカークのバスケットカウントで幸先よくスタートし、対して千葉がスコアを重ねられない展開が続く。残り7分を切って、千葉はオフェンスリバウンドから#3マイケル・パーカー、#11西村文男の得点で4点差に。ここからしばらく互角の展開が続いたが、終盤A東京は#1小島元基とカークのバスケットカウントなどで、再び点差を広げ、A東京が8点リードで前半を終える。

おすすめの記事