「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】今季B1へ昇格した秋田と福岡、残留に向け勝負の後半戦

2019 1/22 15:35SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

チームバスケットで善戦する秋田

今季で3季目を迎えたBリーグにおいて、今回注目したいのは昇降格制度だ。B1、B2、B3と各カテゴリーの階層に、所属するにふさわしい成績や経営状況に応じてライセンスが与えられ、レギュラーシーズン後のB1残留プレーオフ、B2プレーオフ、入替戦等で翌シーズン戦うステージが決まる制度である。

B1においては過去2年、自動昇格と降格でクラブが入れ替わっているが、2017−18シーズンは、B2から昇格した西宮ストークスと島根スサノオマジックがともにわずか1シーズンでB2に降格してしまった。

今季はB1に秋田ノーザンハピネッツとライジングゼファー福岡が昇格。シーズンがおよそ半分終わった現段階での両クラブの戦いを振り返る。

B1→B2→B1と毎シーズン戦う舞台が変わっている秋田だが、前評判は決して高くなかった。というのも、これまでエースとしてチームを支えてきた田口成浩が千葉ジェッツに移籍。田口に代わる選手も獲得できず、エース不在のままシーズンを迎えた。

しかし、ジョゼップ・クラロスヘッドコーチが掲げるタイムシェアのバスケットがフィット。エース不在のチーム状況を強みに変え、全員バスケットで戦うスタイルを確立した。

おすすめの記事