「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第13節】千葉ジェッツ 役割を果たしたジョーンズ、石井

2018 12/14 16:44マンティー・チダ
Bリーグ,トレイ・ジョーンズ,石井講祐,千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「しっかりイメージしてレイアップを決めた」トレイ・ジョーンズ

久々のロスター入りだった。左肩関節脱臼で戦線を離脱していた、トレイ・ジョーンズ。出番は1Q残り4分30秒。チェンバースに代わってコートに入ると、すぐに自らボールをキープし、迷うことなくペイントエリアに突入してレイアップを沈める。「インディアナ・ペイサーズに所属している時に、スポーツ心理学の方から『イメージをすることが大事だ』と教わっていたので、コートからしばらく離れていたこともあって、しっかりイメージして入った」とコートに入る前の心境を明かした。

ジョーンズが縦の動きを見せたことで、千葉の攻撃に躍動感が出てきた。ジョーンズ自身も果敢にリングへアタックし、味方の得点につながる動き、自らもダブルクラッチを見せ、6000人を超える観衆が集まった千葉ポートアリーナのブースターを大いに沸かせた。

「最初はシュートの感覚は良くなかったが、試合が進むにつれ、自分の感覚も戻ってきて、自信をもって打てたように感じる。コンディションに関しては100%ではないので、1試合ずつしっかり戻していきたい」と今後に向けて抱負を話した。

試合途中では、インサイドのポジションに入ることもあったが「練習でもやってきたので、特に悪くはなかった。3人のローテーション(エドワーズ、ダンカン)になるので、エドワーズ、ダンカンが抜けた時は、自分も4番という役割もあるので」と違和感なく試合に臨んでいたようだ。

Bリーグ,トレイ・ジョーンズ,石井講祐,千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


今回#1ジョシュ・ダンカンが欠場したが、ジョーンズの起用に目途がついたことで、外国籍選手の負担が大幅に緩和できる。年が明けると、天皇杯も含めハードなスケジュールが続くが、その中で、選手を休ませながら試合を迎えることができる。これは、勝利したことよりも大きな収穫となりそうだ。

おすすめの記事