「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新潟が守備向上で首位快走 上江田加入で安定感も【Bリーグ中地区】

2018 12/13 15:00SPAIA編集部
バスケット選手,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディフェンスで強みを増し 新潟が首位をキープ

今季のBリーグも1/3が終了し、上位と下位の差がはっきりし始めてきた。そこで地区ごとの18クラブの戦績から、好調の要因や改善点を探ってみたい。第2弾は中地区。

“予想外”というフレーズは適切ではないかもしれないが、川崎ブレイブサンダースやシーホース三河という強豪がいる中地区の首位を走っているのは新潟アルビレックスBBである。

新潟はBリーグが始まってからの2年間、地区優勝もチャンピオンシップの出場もなく、日本初のプロクラブでありながら、苦しい戦いが続いていた。

しかし今季は最大の課題であったディフェンス難を克服。2年連続リーグ17位で、80を超えていた失点は同8位の73.2点まで減少。これまでは2年連続でリーグの得点王に輝いた#54ダバンテ・ガードナーを軸としたハイスコアゲームに持ち込むしかなかったが、今季はロースコアゲームでの勝利も目立つ。

その象徴が昨季の王者・アルバルク東京と対戦した12月8日の試合。前半は相手のペースになったが我慢強く食らい付き、後半に入ってじわりじわりと差を詰めた。その結果、4Q に#34ラモント・ハミルトンの活躍で逆転すると、そのまま68−63で勝利した。

昨季までの新潟では考えられないような展開だが、各クラブのエース級が揃うSFを守ることができる#22上江田勇樹の加入が大きい。この試合も上江田自身は無得点に終わったものの、#6馬場雄大や#24田中大貴の動きを制限する働きを見せた。

これ以外にも、その選手がコートに立ったときの点差を示す+/−において、上江田は得点が低いにも関わらず、+になっていることが多い。つまり点差を離している時間帯には上江田がコートに立っているということだ。

上江田に#3柏木真介、ハミルトンの活躍もあり、新潟は安定感のあるチームに変貌を遂げたのだ。

おすすめの記事