「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第12節】主将篠山竜青の背中を追いかける川崎・青木保憲

2018 12/11 11:00マンティー・チダ
川崎ブレイブサンダース,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1】川崎・篠山、ファジーカスの得点でリードを広げ大勝

Bリーグは1週挟んで再開し、第12節を迎え、川崎と横浜はとどろきアリーナで「神奈川ダービー」を戦った。

試合の出だしこそ横浜#0細谷将司、#21田渡凌に3pを沈められてリードを奪われるが、オフェンスリバウンドからボールを回して、ノーマークになった#7篠山竜青が3pを入れると、流れは川崎に傾く。

篠山と同じく代表帰りの#22ニック・ファジーカスのシュートを篠山がアシストすれば、#33長谷川技はスティールで得点機を演出、ファジーカスがファーストブレイクとなるダンクを叩き込みリードを奪う。

横浜もタイムアウトを挟むが、川崎の勢いは止まらない。

ファジーカスが3pを含めて7得点、#0藤井祐眞も3pを沈める。その間、横浜に得点を許さず、1Q終盤に横浜新加入#33アーサー・スティーブンソンに得点されるが、川崎が19点リードで1Qを終了する。

2Qは一転して立ち上がりから得点が動かない状況になったが、#31シェーン・エドワーズに代わってコートに戻った長谷川が、横浜の2-3ゾーンディフェンスにも負けずアウトサイドから3pを2本連続で沈め、ファジーカスも得点。オフィシャルタイムアウトの頃にはダブルスコアで川崎がリードする展開になった。

川崎は、オフィシャルタイムアウト以降も横浜の得点を#7橋本尚明のフリースロー1本と#5湊谷安玲久司朱のミドルシュート1本の計3点に抑えて、50-24で前半を終了する。

川崎ブレイブサンダース

Ⓒマンティー・チダ

後半に入っても川崎は、この日絶好調のファジーカスを中心に得点を積み上げていき、点差はみるみる広がっていく。横浜#1川村卓也にこの日初得点を許すが、手を緩めることなく、3Q終了時点で43点リードまで広げていく。

4Qに入ると川崎は、#4青木保憲、#18鎌田裕也、先週の天皇杯2次ラウンドから復帰した#15谷口光貴ら控えメンバー中心の構成に変更。かみ合わない時間帯もあったが、横浜も攻め手を欠いた部分があり、点差はそれほどつまらないままオフィシャルタイムアウトを迎える。

その後、横浜#6中村太地に3pを2本沈められ、エナジーを出される場面もあったが、結局川崎が横浜を94-55で下し、神奈川ダービーを制した。DAY2も川崎が87-75で勝利し、対横浜戦は12連勝となった。

おすすめの記事