「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第11節】栃木・渡邉裕規「3点ビハインドでよく我慢できた」

SP_1811_G048,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】1Qで大きくリードした栃木が前半を優位に進める

Bリーグ第11節。東地区首位の栃木ブレックス(以下・栃木)は、とどろきアリーナに乗り込み、川崎ブレイブサンダース(以下・川崎)と対戦した。このカードはBリーグ初年度のファイナルと同じカードで昨季も3勝3敗。今月は共に6勝1敗と好調の両チーム。東地区で首位をひた走る栃木を、ホームの川崎が迎え撃つ形となった。

試合の立ち上がりは互角な戦いを見せるが、栃木は#13渡邉裕規の3pを皮切りに、古巣との対戦となった#24栗原貴宏の3pでリードを広げる。さらに#18鵤誠司がスティールを成功させ、チャンスをつかむと、#22ライアン・ロシター、鵤が得点し、8点リードとした。

川崎はここで3人を一気に交代させるが、栃木は#10竹内公輔のレイアップ、ロシターのリバウンドからの速攻で12点リード。流れを変えたい川崎がタイムアウトを請求するも、栃木の勢いは止まらず。#30山崎稜の3pでチーム25点目を叩き出し、13点リードで1Qを終了する。

栃木ブレックス,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ

2Qに入って、栃木は立ち上がりからゾーンディフェンスを敷く。川崎#3林翔太郎に得点を許すが、栗原のスティールから渡邉がファストブレイクを成功させると、山崎も続いてチーム30点目に乗せる。

川崎#21バーノン・マクリンがディフェンスリバウンドから自ら持ち込みダンクを決めると、栃木はタイムアウトを請求。その後両チームとも得点を重ね、中盤から林を下げて、#22ニック・ファジーカスをコートに戻すと、マクリン、#31シェーン・エドワーズとビックラインナップを形成。ここから川崎が反撃に転ずる。

ファジーカスが3pも含む連続得点でリードを詰めると、エドワーズもレイアップを含め4得点で一気に5点差まで詰めていく。しかし栃木は、#4ジェフ・ギブスが連続得点し、川崎にタイムアウトを要求させると今度はロシターがフェイダウェイ。鵤も3pを沈め再びリードを10点とした。

川崎#33長谷川技にバスケットカウントを決められ、辻にも得点を許したが、栃木11点リードで前半が終了する。

おすすめの記事