「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高さのハンデを凌駕する攻撃力!カミングス加入で名古屋Dが台風の目に【Bリーグ】

2018 11/16 11:00SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

今季も3Pシュート多投

西地区で幸先の良いスタートを切ったのは名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。開幕節でシーホース三河に連勝すると、その後も下位クラブに対しての目立った取りこぼしがなく、確実に勝利を重ねて西地区の首位に立っている。

梶山信吾ヘッドコーチが就任した昨季は、中盤まで安定さを欠いたが後半に調子を上げてチャンピオンシップに出場。そのスタイルは、外国籍選手を含めて3P シュートを多投するもので、昨季の成功数はトップの琉球に次ぐ528本。得点も79.22と上位に付けた。

そんな特徴的な攻撃の中心となるのが、ルーキーながら昨季も平均10点近い数字を残していた#9安藤周人。今季は得意の3Pシュートを軸に開幕から得点を重ね、13.9点を記録。ドライブでも得点を挙げ日本人エースと呼ぶにふさわしい活躍を見せている。

おすすめの記事