「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第6節】横浜ビー・コルセア―ズ「走るバスケ」で自信を持つ

,横浜ビー・コルセア―ズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】SR渋谷が横浜のゾーンディフェンスを攻略 主導権を握る

横浜、SR渋谷共に互角の立ち上がりを見せていた。しかし、残り6分弱のところで、2点リードしていたSR渋谷の#6ロバート・サクレがバスケットカウントとなる3点ショットでリードを広げる。横浜も#21田渡凌が負けじと得点し、4点差で終盤へ。残り1分を切って横浜・#0細谷将司の3pで同点にすると、横浜は2-3ゾーンディフェンスを敷くが、SR渋谷の#34ライアン・ケリーが得点をし、2点リードされて1Qが終了する。

2Qに入り、横浜は最初の攻撃で#12ジャボン・マックレアが得点すると、2-3ゾーンディフェンスを敷く。SR渋谷は、#32山内盛久が交代でコートに入ってすぐに3pを沈めると、今度は山内のアシストを受けた#0満原優樹が得点してリードを5点とする。直後の守備では、満原と#1清水太志郎がダブルチームで相手に得点を許さない。

その後、山内のダブルクラッチ、ケリーのバックショットでリードは11点となり、残り5分を切ったところで、横浜は#8アマンゼ・エゲケゼのバスケットカウントから反撃に転ずる。相手のファウルが重なりフリースローで着実に得点して点差を詰めると、オフェンスリバウンドから田渡が得点して3点差とする。ここでSR渋谷は2-3ゾーンディフェンスを敷き、#24広瀬健太がスティールを決めるが、横浜も#1川村卓也がスティールをやり返す。終盤、SR渋谷はケリーがレイアップを2本続けて入れて、横浜を6点リードし前半が終了する。

横浜ビー・コルセア―ズ

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1後半】横浜はマンツーマンディフェンスに切り替え、逆転勝利に成功

後半に入り両チームのスコアが動かなかったが、残り5分を切って、横浜マックレアのバックショットをきっかけに、試合が動く。

横浜は速攻からエゲケゼが得点し1点差まで詰めると、田渡が2連続でスティールに成功する。すぐに得点には繋がらなかったが、マックレアが連続得点をし、細谷が3pを沈めて逆転に成功。横浜が3点のリードを奪い最終Qへ。

SR渋谷は4Q出だしの守備から、2-3ゾーンディフェンスを敷き、相手の攻撃を抑えて、サクレがダンクを叩き込む。そして、再び2-3ゾーンディフェンスを敷き、#7伊藤駿のディフェンスファウルがあったものの、サクレがブロックショットで難を逃れる。

横浜は1点差まで詰められるが、川村の3pで引き離しに成功。エゲケゼが速攻から得点し、4点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。タイムアウト明け、横浜はSR渋谷・サクレにダンクを決められるが、川村、エゲケゼの3pが連続で決まり再び引き離しにかかる。終盤SR渋谷・#9ベンドラメ礼生にレイアップと3pを許し、横浜は4点差まで詰められものの、最後は踏ん張り84-79でSR渋谷に勝利した。

横浜ビー・コルセア―ズ

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事