「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第3節】腕の長さと走力で金丸晃輔を抑えた 川崎・林翔太郎

2018 10/20 11:00マンティー・チダ
林翔太郎,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】三河・金丸の得点を抑えた川崎が主導権を握る

立ち上がりからロースコアの展開が続く中、川崎#21バーノン・マクリン、三河#14金丸晃輔が得点を積み上げていく。川崎は、#31シェーン・エドワーズが3pシュートを含め連続得点でリードを広げると、マクリンもジャンプショットで続き、7点リードとする。終盤、三河#24加藤寿一の3pシュートから追い上げを許すが、川崎が2点リードで1Qを終了する。

2Q出だしで、#22ニック・ファジーカスのフェイクからアシストを受けたマクリンが豪快にダンクを叩きこんで川崎が先制。対する三河は金丸の得点が止まり、スコアメイクに苦しむ。

それを横目に川崎の#0藤井祐眞がバスケットカウントとなる3点ショットを決めると、エドワーズがダンク、#3林翔太郎もファストブレイクを成功させるなど、立て続けの速攻で三河を引き離す。ここから終盤にかけて、24秒バイオレーションを宣告されるなど攻め手を欠く場面もあったが、三河の得点をわずか3に抑え、12点リードとし前半が終了する。

川崎ブレイブサンダース

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事