「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ2018-19シーズンは千葉VS.川崎で開幕 バスケの魅力が伝わる試合を!

Bリーグ開幕戦,千葉ジェッツ,川崎ブレイブサンダース,大河正明,小野龍猛,篠山竜青,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

Bリーグ2018-19シーズン開幕カード発表

Bリーグ2018-19シーズンの開幕カードが発表され、B1、B2リーグは以下の通りとなった。

Bリーグ開幕戦

Bリーグ地区分け

B1は平日開催を増加、B2はB1より1週早く開幕

今季のカード発表にあたり、大きな特徴が3つ挙げられた。
まずは「B1の平日開催を増加」。今季は平日開催(水曜が中心)が計12回組まれている。大河正明チェアマンは「プロスポーツのトップリーグとして平日開催をし、お客様に来てほしいし、平日夜のニュースにも取り上げてほしい」と平日開催増についてコメントした。代表活動の兼ね合いで12月1週目と2月3週目・4週目で開催ができないという影響も加味しての日程となった。

次は「B1の試合を1試合先出し」。Bリーグは開幕シーズン、アルバルク東京と琉球ゴールデンキングスのカードからスタートした。昨季は全チーム同時開幕としたが、今季は1カードのみ先出しで開幕を迎える。今季の開幕カードは「千葉ジェッツ VS.川崎ブレイブサンダース」。10月4日、船橋アリーナで開催するこのカードからB1リーグはスタートする。

最後に「B2がB1より1週早く開幕」。これについては、様々な理由があった。B1が平日開催を12節設けたことに対し、B2はわずか3節の開催となった。大河チェアマンは「B2は週末を中心に熱戦を繰り広げていきたい」と週末重視の目的を話した。そして、日本代表の活動や、9月末にアルバルク東京がアジア王者を決める試合に出場することも考慮した。

大河チェアマンは今季を「Bリーグの真価が問われる」とした。「平日開催にチャレンジする最初のシーズンでもあり、バスケットボールが国民的スポーツになるためのファーストステップとした」と続けた。プロ野球、Jリーグに次ぐプロスポーツリーグとなるための重要な1シーズンになるようだ。

Bリーグ開幕戦

おすすめの記事