「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「日本一丸」男子バスケ日本代表、W杯予選に向けてファジーカス、八村らを選出【男子バスケ日本代表記者会見】

男子バスケ日本代表,記者会見,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ファジーカス、八村を含め24人の日本代表候補選手を発表

W杯アジア地区1次予選WINDOW3の2試合、6月29日のオーストラリア戦(日本・千葉ポートアリーナ)、7月2日のチャイニーズ・タイペイ戦(チャイニース・タイペイ)に向けて日本代表候補24人が発表された。富樫勇樹(千葉)、比江島慎(三河)馬場雄大(A東京)らの常連に加え、日本で最もNBAに近い選手と言われている八村塁(NCAA ゴンザガ大)や4月に日本国籍を取得したファジーカス・ニック(川崎)が選出された。

日本代表候補となった24選手は以下の通り。

  • 太田敦也(三遠)
  • 竹内譲次(A東京)
  • ファジーカス
  • 古川孝敏(琉球)
  • 橋本竜馬(三河)
  • 篠山竜青(川崎)
  • 辻直人(川崎)
  • 比江島慎
  • 熊谷尚也(大阪)
  • 宇都直輝(富山)
  • 永吉佑也(京都)
  • 田中大貴(A東京)
  • 西川貴之(三河)
  • 張本天傑(名古屋D)
  • 富樫勇樹(千葉)
  • ベンドラメ礼生(SR渋谷)
  • 渡邊雄太
  • 馬場雄大(A東京)
  • 玉木祥護(筑波大)
  • 平岩玄(東海大)
  • シェーファーアヴィ幸樹(ジョージア工科大学)
  • 八村塁(ゴンザガ大学)
  • テーブス海(ノースカロライナ大学ウィルミントン校)
  • 田中力(IMGアカデミー)

※所属は2018年6月10日現在

結果を残すために組まれたチーム編成「可能性は十分にある」フリオ・ラマスHC

記者会見の冒頭から、日本バスケットボール協会の三屋裕子会長が「もうがけっぷちです。欲しいのは結果だけ」と危機感を見せ、東野智弥技術委員長も「東京五輪を迎える上で、1976年のモントリオール五輪から破られていない壁を破らないといけない」と言葉厳しく挨拶をした。

チームを指揮するフリオ・ラマスHCは24選手の選考について「現状ではベストのチームでタレントが揃っている。心臓とフィジカル面で評価できる選手を候補として選考できた」と、手応えを示した上で「オーストラリア、チャイニーズ・タイペイに勝利する可能性は十分にある」と力強く宣言した。

ワールドカップ1次予選本番まで選手選考が残されている為、戦術面などは明かされなかったが「ファジーカスは4番(PF パワーフォワード)か5番(C センター)、八村は3番(SF スモールフォワード)か4番を担うだろう」とだけ話した。

この2人がW杯を突破する上でカギを握るのは間違いないという事が伺える。

男子バスケ日本代表,記者会見

おすすめの記事