「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

来季B1残留を置き土産に現役引退を発表した富山・宮永【B1・B2入れ替え戦レポ】

B.LEAGUE,B1・B2入れ替え戦,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【B1・B2入れ替え戦振り返り】富山が熊本を下し、B1残留を決める

5月27日、横浜アリーナでBリーグ「B.LEAGUE B1・B2入れ替え戦」が行われ、富山(B1)が熊本(B2)を88-85で下し、1部残留を決めた。

一時は、熊本に7点リードを許した1Qだったが、#13チャップマンのバスケットカウントなどにより3点差で終了。
2Q中盤では#24大塚の3pシュートで富山が勝ち越すものの、終盤には1点差まで詰めた熊本。しかし、#11宇都とチャップマンの2pシュートにより富山が4点リードする。

3Q後半、熊本#1中西にマッチアップしていた富山#15青木と#81小原がファウルを重ね、ファイブファウルで退場となってしまう。これによって苦しくなる富山はさらに、熊本の中西にファウルで獲得したフリースローを決められる。
だが宇都が果敢に挑んだ結果、僅差のまま試合終盤へ。熊本を2点差まで追い込み3Qを終了。

4Q前半にチャップマンと#45ピットマンの得点で勝ち越す富山は、僅差ながらもリードする形で試合終盤へ。何度も熊本に1点差まで詰められるが、残り0:05で宇都のフリースローで逃げ切り、富山が来季の1部残留を決めた。

ベテランとしてチームを落ち着かせる役割を果たした 富山・宮永

司令塔宇都を中心に試合を作る富山。40分フル出場というわけにいかないことは当然なのだが、宇都のかわりができる選手は限られている。

今試合、前半終了の段階で既に3つのファウルを数えていた宇都と交代でコートに入ったのは、ベテランの宮永だった。2004年東芝に入社してからトップリーグの選手としての生活がスタート。その後栃木、千葉、富山と渡り歩き、北海道にレンタル移籍する時期もあった。

初めて彼を見たのは、千葉がbjリーグからNBLに移籍した最初のシーズンでもある2013-14。開幕4連勝を果たしたものの、20連敗を喫しチーム状況が苦しかった当時、宮永はスタート5の選手として54試合すべてに出場し、司令塔としてチームを牽引していた。

プレースタイルは派手ではなく職人気質。西村文男が加入した2014-15シーズンでは、2番手のポイントガードとして西村のバックアップをし、インタビューにも、いつも落ち着いた口調で答えてくれた。
また、富山へ移籍後も経験を生かしながら宇都を中心としたチームを落ち着かせ、ベテランらしい役割を果たしていた。

そんな宮永も1部残留を決めた入れ替え戦後のインタビューでは、いつもより少し高いトーンで「タフなシーズンでしたが、自分たちのトランディションバスケット、ハードなディフェンスから速い展開に持っていく。宇都を中心にというのを最後まで貫き通して勝つことができた。今シーズンの仲間、一緒にプレー出来て嬉しいですし、ここまで本当に一番長いシーズン、ブースターさんはあきらめないでどんな時も一緒に戦ってくれたので、本当にその気持ちが勝たせてくれたと思う」と語り、嬉しさをかみしめた。

B.LEAGUE,B1・B2入れ替え戦

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事