「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

危険予知が試合展開を動かした!A東京が2代目Bリーグ王者に輝く【B.LEAGUEファイナル】

アルバルク東京VS千葉ジェッツⒸマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

アルバルク東京が初の栄冠へ

5月26日、横浜アリーナでB.LEAGUEチャンピオンシップ2017-18ファイナル、アルバルク東京対千葉ジェッツが行われた。A東京が千葉を80-65で下し、Bリーグ2代目王者に輝いた。

【前半】千葉はターンオーバーが響き、A東京が主導権を握る

千葉は立ち上がり、ディフェンスリバウンドから#3パーカーが走って得点するも、その後のプレーではパスミスなどのターンオーバーもあって波に乗れない。一方、A東京も我慢が続く。両者互いに譲らないまま、A東京が1点リードで1Qを終了する。

両者一歩も譲らないままの2Qだったが、残り2:51で試合が動く。A東京のタイムアウトが明けに、#24田中のドライブに続き、#53カークの得点で3点リードする。
千葉は流れを止めようとタイムアウトを請求。しかし#8ライオンズがファンブルし、ボールがそのままラインを割りA東京に攻撃権を渡すことに。そしてA東京の#8馬場がドライブからシュートを成功させる。

次の攻撃時に千葉は、再びライオンズのパスミスで相手に攻撃権が奪われ、#3安藤による速攻からの得点でA東京は9点リードに。最後は#31ウイリアムズがハーフラインからロング3pシュートを決め、A東京が10点リードで前半を折り返した。

アルバルク東京VS千葉ジェッツ

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事