「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉がファイナル進出。ホームアドバンテージを味方に我慢の勝利【B.LEAGUE セミファイナル】

千葉ジェッツVS琉球ゴールデンキングスⒸマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

初のファイナル進出

5月20日、船橋アリーナでB.LEAGUEチャンピオンシップ 2017-18 セミファイナル千葉ジェッツ対琉球ゴールデンキングス第2戦が行われた。ホームの千葉が74-61で琉球を下し、初のファイナル(決勝)進出を決めた。千葉は5月26日に行われるファイナルで、Bリーグ王座を懸けてアルバルク東京と対戦する。(SPAIA編集部)

【GAME2前半】エドワーズとライオンズのファウルが重なるが、千葉がわずか2点リードで前半終了

立ち上がりからスコアが動かず、残り4分ぐらいまで五分の戦いを見せた両チーム。琉球の#33アイラが勝ち越しとなるシュートを沈め波に乗るかと思われたが、#14岸本のディフェンスファウルで1Qチームファウル4つ目となり、再び膠着状態に。そして千葉も、富樫がスティールを決めるも得点に結びつかない。

残り1分を切って、千葉の#8ライオンズがブロックショットを入れて攻撃権を獲得。琉球の#0石崎がアンスポーツマンライクファウルを受け、千葉にフリースローと攻撃権を献上する。
フリースローシューター#2富樫は2本揃えたものの、その後の#31原のシュートは琉球#12マーティンのブロックショットに阻まれた。その直後、千葉の#3パーカーがスティールでボールを奪い、ライオンズのシュートで同点に。そして同点のまま1Qを終了した。

#27石井のカットインで2Q先制に成功した千葉だったが、琉球の#24田代がバスケットカウントとなる3点ショットを決めてすぐにリードを奪う。その後、千葉はライオンズのダンクで逆転し、直後に原も好守備を見せる。ところが、#11西村のオフェンスファウルなどでチームファウルが増え、残り7:42で原のディフェンスファウルがチームファウル5回目のコールとなってしまう。

両チーム2回の攻撃権を得点で終えることに成功すると、千葉の#21エドワーズが個人ファウル3回目となるオフェンスファウルの宣告を受け、パーカーと交代。一時は逆転を許した千葉だったがオフィシャルタイムアウトを挟んだ後、ライオンズの3pシュートで再び勝ち越しに成功する。
しかし琉球のタイムアウト後に、オフェンスファウルを受けてしまったライオンズの個人ファウルが3回目となり、千葉はファウルトラブルに陥ってしまう。

優位に立った琉球だったが、得点はマーティンのフリースロー2本にとどまりリードを広げることはできない。一方、千葉は石井に代り富樫をコートに入れ、ツーガード(ポイントガードが2人コートに立っている状態)とする。ライオンズのレイアップに続き、富樫のレイアップを最後に千葉が2点リードで前半を折り返した。

千葉ジェッツVS琉球ゴールデンキングス

おすすめの記事