「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苦しみながらも横浜1部残留 昨年の経験値生きる【B.LEAGUE残留プレーオフ2回戦】

Bリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】横浜・川村が前半だけで13得点し、チームを引っ張る

立ち上がりから少し重い展開でスタートした残留プレーオフ2回戦。残り8:03富山#15青木が1Qのチームファウル5個目となるディフェンスファウルをコールされ、ここで得たフリースローを横浜#1川村が2本揃えて先制する。富山#11宇都にドライブから得点を決められるも、両チームスティールの奪い合いの末、川村が3pシュートを外から沈める。残り5:54、横浜は川村がレイアップを入れると、川村のアシストから#34サビートが得点し、さらに川村がピック&ロールから点を決めるなど、横浜が10点リードとし、富山は残り3:34タイムアウトを請求する。

横浜は#25竹田がスティールからボールを奪うと、富山#45ピットマンのディフェンスファウルから竹田がフリースロー2本決める。終盤、富山は#22上江田とピットマンが得点し、さらに上江田が3pシュートを沈めるが、横浜9点リードで1Qを終了する。

2Q開始後、スコアが動かない展開が続く。残り8:05、富山・上江田が得点した後、横浜は#4パーマーがバスケットカウントとなる3点ショットを決める。次の守備で上江田が好プレーをみせるが、横浜は#21田渡とサビートでアリウープダンクを成功させて、16点までリードを広げる。

中盤に入り富山は、宇都の個人技から得点をするなど上昇のきっかけをつかもうとするが、点差はつまらない。終盤、富山は#24大塚の得点から追い上げムードを作る。横浜#8満田にブロックショットを決められるが、ピットマンのバスケットカウント、最後は上江田の3pシュートで7点差まで詰めたところで前半を折り返した。

Bリーグ

【後半】富山に逆転を許したが、速攻からの展開で息を吹き返した横浜が1部残留に

後半も重たい雰囲気でスタートしたが、宇都のスティールから富山が流れに乗る。ウィラードが3pシュートを含む連続得点し、富山は同点に追いつき、残り6:19横浜はタイムアウトを請求する。タイムアウト後、今度は横浜がペースを握る。川村が3pシュートできっかけをつかむとサビートのダンクを挟んで、川村が再び得点をする。リードを許した富山は、#34ウィラードが3pシュートなど連続でシュートを決めて、1点差まで詰める。

終盤になり富山は宇都のドライブから、ウィラードのダンクで勝ち越しに成功し、富山2点リードで3Q終了する。

3Qで逆転に成功した富山は、宇都の得点などでリードを広げる。6点ビハインドとなった横浜は、満田の3pシュートから追い上げムードとなり、速攻から#0細谷のレイアップ、そして再び速攻から細谷のアシストを受けたサビートがダンクを決めて2点差まで詰める。

富山は残り2:19タイムアウトを請求するが、横浜はパーマーが3pシュートを入れて勝ち越しに成功。3点リードとし、再び富山はタイムアウトを請求する。終盤、富山は1点差まで詰めるシーンもあったが、結局、横浜が逃げ切った。残留プレーオフ2回戦は、横浜が79-76で富山を下し、1部残留を決めた。富山はB2熊本と入れ替え戦に臨む。

Bリーグ

おすすめの記事