「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE QF】千葉VS川崎 スタート5の起用がGAME3の明暗を分ける

千葉VS川崎,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【GAME2】千葉のファウルトラブルをきっかけに、川崎がファジーカスの得点などで1勝1敗としGAME3へ

千葉は#3パーカーの得点で先制し、#21エドワーズのジャンプショット、#10チェンバースのダンクで得点を稼ぐ一方で、ファウルの数も多くなる。残り4:40にはチームファウルが5個目に到達する。1Qは同点で終えたが、2Q残り6:40に川崎は#22ファジーカスをコートに戻し、ファジーカスが3連続で得点をするなどリードを奪っていく。

後半6点ビハインドで迎えた千葉はエドワーズが得点に絡むもの、点差を詰めことはできない。川崎も千葉にお付き合いするように、なかなか得点を稼ぐことはできなかったが、ファジーカスの得点や3Qの終了間際の#0藤井のブザービーターとなる超ロング3pシュートが決まり、川崎9点リードで最終Qへ。
結局川崎がそのまま逃げ切り71-61でGAME2を制した。これでGAME1と合わせて1勝1敗となり、GAME3が行われることになった。

千葉VS川崎

【GAME3】千葉・石井が川崎・辻とのマッチアップを制し、チームとして初体験のGAME3を制しセミファイナル進出決定

GAME2から20分のインターバルを置いて始まったGAME3。川崎がGAME2と同じスタート5で臨んだのとは対照的に、千葉はオンザコート2という背景もあり、#8ライオンズ、そして#27石井を起用した。
大野HCはこの起用意図に「(富樫)勇樹と一緒に昨シーズンから戦ってきて、2戦目があまり良くなくてプレータイムも制限していた。彼が背負っている部分も彼自身に自覚してほしかったという部分もあった。(石井)講祐は最近調子が良いので、アキ(・チェンバース)ではなく講祐を選択した」とコメントしている。

GAME3は、前後半各5分のわずか10分。前半はエドワーズが3連続得点し先制するが、川崎もファジーカス、#14辻、#0藤井が得点し同点。残り1:55、タイムアウトを請求した後、エンドラインからのスタートとなった千葉は、ショットクロック1秒で富樫からコーナーでパスを受けた石井がキャッチ&シュートで勝ち越しに成功した。
さらに直後の守備で、川崎・辻と壮絶なマッチアップ。辻にシュートを許さない激しい守備を見せ、川崎をショットクロックバイオレーションに追い込みチームに流れを呼び込んだ。川崎に残り1:15でタイムアウトを請求されるが、千葉はライオンズと富樫が連続で3pシュートを決め、8点リードで前半を終了する。

後半に入り、川崎・藤井がスリーポイントエリア外で受けたシュートモーション中のディフェンスファウルから、フリースローを3本決める。続けて藤井が直後の守備でスティールを決めて、ファジーカスが得点。3点差まで追い詰めた。
千葉・エドワーズに得点を許すが、川崎は藤井のスティールから攻撃権を獲得。相手のディフェンスファウルから獲得したフリースローをファジーカスが2本決めて1点差まで追い上げた。

千葉VS川崎

流れを掴みかけた川崎だったが、次の攻撃で藤井がオフェンスファウルを取られ、追い上げムードに水を差す形となる。そして、千葉・富樫が得点し3点リードで迎えた残り24.9秒、川崎はタイムアウトを挟んで藤井、辻が得点を狙いに行ったが決められず、千葉・富樫、ライオンズが確実にフリースローを決めて勝負あり。
GAME3は千葉が川崎を22-15で勝利し、セミファイナル進出を決めた。千葉はホームコート・船橋アリーナに琉球を迎え、セミファイナルを戦う。

おすすめの記事