「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE第32節】A東京が京都のスモールラインナップを攻略しCSに弾みをつける

アルバルク東京 VS 京都ハンナリーズ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY2】2Q立ち上がりにA東京・馬場がスティールからダンクを決めて流れをつかむ

外国籍選手が怪我明けの#32マブンガのみとなった京都は、#91片岡をポイントガードに起用してスタートする。#12岡田が2連続で3pシュートを決めて幸先よくスタートするが、A東京も#15竹内の3pシュート、#53カークの得点などで喰らいついていく。残り5:52、京都はマブンガから#14坂東に交代し、コート上には外国籍選手がいないオンザコート0で試合を進める。
アドバンテージが無い状況の京都は、片岡が3pシュートを決めて3点リードとするが、A東京はカークのポストプレーからの得点、#3安藤がスティールからファストブレイクを決めて同点とする。同時に相手のシュートモーションからのファウルのコールからフリースローを獲得し、安藤はカウントワンショットも決めて勝ち越しに成功する。

京都も粘りを見せる。#7晴山がバックショットを決めるなど4点を加算し、A東京と互角に試合を進めると、坂東が3pシュートを決めて再びリードを奪う。ここでマブンガをコートに戻しオンザコート1の状況に戻すと、マブンガが3pシュートを決め、相手のファウルから獲得したフリースローを4本中3本決めて、京都が4点リードとし1Qが終了する。

Q間のインターバルで「うちはディフェンスのチーム。24失点は多い」と檄を飛ばしたA東京・パヴィチェヴィッチHC。その声に応えるように、開始早々#6馬場が決めたスティールからの豪快なダンクを皮切りに、A東京はリズムに乗っていく。
#21レーンの得点に続き、#31ウイリアムズ、安藤と3pシュートを決めて逆転に成功すると、京都は残り8:12にタイムアウトを請求する。タイムアウト後、A東京は#24田中にも連続得点が生まれて、逆に京都は7点を追いかける展開となる。

京都は、残り5:45でマブンガを下げて晴山をコートに戻すと再びオンザコート0で試合を進めるが、1Qの時のように粘りを見せることはできない。一方A東京は、#13菊池の3pシュートなどでリードを広げてオフィシャルタイムアウトを迎える。

オフィシャルタイムアウト明けからマブンガをコートに戻した京都は、ここから2-3ゾーンシステムを敷く。A東京は#1小島がシュートを決めるが、菊池と小島がファウルを重ねて、たまらずA東京はタイムアウトを請求する。京都はタイムアウト後も続けてゾーンディフェンスを敷く。#43永吉がジャンプショットを決めて、守備も踏ん張っていたが、A東京は小島が終盤に得点し、京都に12点リードして前半を折り返す。

アルバルク東京 VS 京都ハンナリーズ

ⒸSPAIA

【DAY2】京都のスモールラインアップを攻略しA東京が100点ゲームを達成

後半最初のA東京の攻撃で、カークがバスケットカウントとなる3点ショットを決め立ち上がりを決めたかに思われたが、京都はマブンガがレイアップシュートを含め2連続で得点し、リードがこれ以上広がらないよう対処する。

残り6:20、京都はマブンガから#33内海に交代し、再びオンザコート0の時間を迎える。スモールラインナップで構成する京都に対し、高さで優位に立つA東京の竹内の3pシュートと、田中のレイアップが決まる。
リードを広げられた京都は16点ビハインドとなったところでマブンガをコートに戻す。しかし、A東京は田中のスティールからカークが豪快にダンクを叩き込みリードを広げていく。結局、A東京は27点リードで最終Qを迎える。

4Qになって、京都は立ち上がりからマブンガが3pシュートを決めると永吉も続く。マブンガをベンチに下げて再びオンザコート0とすると、晴山がスティールから自ら得点を挙げて20点差まで詰める。ここでA東京はタイムアウトを請求する。

京都はここから2-3ゾーンシステムを敷くが、A東京の馬場とウイリアムズに得点を許す。ここでタイムアウトを請求した京都だったが、浜口HCがレフェリーにプレーの説明を求めるために時間を割いたため、連続で後半最後となるタイムアウトを請求し、タイムアウトの権利を使い果たしてしまう。
そして、A東京は#10バランスキーがコーナーから3本3pシュートを決めるなど再び突き放し、終わってみれば今季2度目の100点ゲームを達成。A東京が京都を106-68で下した。

アルバルク東京 VS 京都ハンナリーズ

ⒸSPAIA

おすすめの記事