「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第28節 A東京VS.名古屋 「課題を解決させるのもベテランの仕事」

A東京VS.名古屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY2前半】名古屋Dに立ち上がり主導権を握られるが、A東京は2Qで逆転に成功

A東京VS.名古屋

ⒸSPAIA


DAY1の勢いそのままに名古屋Dが立ち上がりを制する。#24バーレル、#9安藤が3pシュートなどで5得点を稼ぎ、7点リードとしたところでA東京は早々にタイムアウトを請求する。A東京はその後持ち直し、#15竹内のフリースローをきっかけに徐々に差を詰める。#10バランスキーが3pシュートを決めた後、名古屋は#88大宮、#21笹山が連続でファウルを重ね、チームファウルが4回を超えたため、A東京にフリースローを献上。#21レーンは1本決めて2本目を外したが、竹内がオフェンスリバウンドを決めて攻撃権を獲得すると、最後はバランスキーがシュートを決め1点差に詰めたところで1Q は終了した。

2Qに入り、名古屋は#34ブラッキンズがバスケットカウントとなる3点ショットを決めると、#33ティルマンも続いて得点を決める。A東京は#6馬場が得点するも、レーンがその後の攻撃時に、オフェンスファウルをしてしまい、#53カークと交代した。次の名古屋Dの攻撃時に、A東京#1小島がスチールを決め、ファストブレイクに成功。これを皮切りに、カークが同点となるシュートを決めると、#31ウィリアムズが3pシュートを決めてこの日初めてリードを奪う展開となる。名古屋Dのタイムアウト請求後、両チームとも中盤にかけて互角に試合を進めるが、名古屋Dは#6船生の3pシュートで再び勝ち越しに成功し、オフィシャルタイムアウトを迎える。その後、A東京はカークとウィリアムズの連続ダンクで再逆転に成功。名古屋Dもティルマンのダンクで粘りを見せるが、A東京が2点リードで前半は終了した。

【DAY2後半】4Qに5点差まで詰められるも、A東京辛くも逃げ切り勝ち

A東京VS.名古屋

ⒸSPAIA


後半に入りA東京は、竹内が3pシュートも含め連続得点をすると、#3安藤がスチールからファストブレイクに成功し9点リードした残り7:51、名古屋Dはタイムアウトを請求する。名古屋Dはタイムアウト後、#8張本がA東京・カークのバスケットカウント獲得のきっかけになる個人ファウルをしてしまうなど、Q中盤ながら個人ファウルは4回を超えることになってしまうためファウルに気を付けないといけない時間に突入した。そんな名古屋Dに対し、A東京はカークの3pシュートとファウルで獲得したフリースローを決めて、リードを広げていく。終盤には小島が3pシュートを決めてA東京17点リードで3Qは終了した。

4Qになると、A東京も名古屋Dもシュートがなかなか決まらず重たい展開となり、オフィシャルタイムアウトまでA東京は3点、名古屋Dは6点しか獲得できなかった。この段階でA東京のリードは14点。そして、名古屋D・バーレルのダンクなどで少しずつ差を詰めていく。A東京は終盤になっても最後のカークのダンク以外は得点が生まれなかったが、名古屋Dも笹山の3pシュートなどで5点を稼ぎ詰めていく。結局A東京が73-63で名古屋Dを下し、辛くも勝利した。

おすすめの記事