「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第27節 SR渋谷VS.A東京 A東京・馬場が復帰祝いにスチールからダンクを炸裂

SR渋谷VS.A東京
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY1前半振り返り】SR渋谷はA東京に喰らいつくも、A東京は馬場のダンクをはじめリードして前半を終了

SR渋谷VS.A東京

ⒸSPAIA


A東京は立ち上がり#53カークの3pシュートで先制すると、SR渋谷も#9ベントラメがレイアップシュートを決めていく。A東京は#24田中の連続得点でリードを広げようとするが、SR渋谷も好守備を見せていたベントラメの3pシュートなどで、4点差でついていく。残り4:22、SR渋谷が#0満原以外の選手が交代したところから、A東京に流れが大きく傾く。A東京はカークと#10バランスキーの3pシュートなどでリードを11点まで広げる。そして残り1:20、A東京はけがの影響で1月28日の滋賀戦以来の出場となった#6馬場をコートに入れると、自陣の守備で前線からプレッシャーをかけ、スチールを決めてファストブレイクとなるダンクを決める。結局A東京が11点リードで1Qを終了。

2Qに入ると、SR渋谷はこの日絶好調のベントラメがレイアップシュートを決め、追い上げ態勢を作ると、#6サクレもポストプレーからシュートを決める。しかし、A東京も#31ウィリアムズが連続得点し、差はなかなか詰まらない。SR渋谷は守備で2-3ゾーンディフェンスを敷き、フロントコートからも積極的にプレスをかけていくが、点差を詰めるような展開にはできない。オフィシャルタイムアウト後、依然ゾーンディフェンスを敷いていくSR渋谷に対し、A東京は田中が3pシュートを決めてリードを広げていく。終盤SR渋谷はサクレがフリースローも含め5点稼ぎ、最後も#24広瀬がブザービーターを決めるも、A東京が9点リードで前半は終了する。

【DAY1後半振り返り】終盤SR渋谷は伊藤のスチールからのファストブレイクで追い上げるもあと一歩届かず

SR渋谷VS.A東京

ⒸSPAIA


後半に入り、両チーム互角に戦う中、SR渋谷はベントラメが果敢にゴールを狙い得点を重ねる。#51菊池も体を張ったプレーでファウルを重ねながらも、リバウンドも含め守備面で貢献する。そして#7伊藤が残り6:09、相手のディフェンスファウルから獲得したフリースローを1本決めた後、エンドラインからのA東京のスローインの際、激しいプレッシングをかけて、A東京はエンドラインからボールをコートに5秒以内に入れることができず、5秒ルールが適用され、SR渋谷ボールに変わる。攻撃権を獲得したSR渋谷はポストプレーからサクレが得点をして追撃態勢としたいところだったが、直後に菊池が3回目の個人ファウルがコールされ、相手チームにフリースローを献上する。

ここからSR渋谷はファウルを受け続けることになってしまう。菊池に代わってコートに入った広瀬が2回目の個人ファウルを受けると、ベントラメ、#55ハレルソンが2回連続、少し間をおいて#32山内、#22長谷川、#41ボイキンと続けて受ける。この間A東京は、獲得したフリースローをしっかり決めていき、リードは20点まで広がる。終盤、SR渋谷は広瀬のレイアップ、山内のブザービーターとなる3pシュートで点差は詰めるものの、A東京が18点リードで3Q終了する。

4Qに入っても、A東京はバランスキーの3pシュート、馬場のバスケットカウントとなる3点ショットで優位に試合を進める。しかし、残り6分過ぎ、攻撃時に24秒以内にシュートリングにボールを当てることができずSR渋谷に攻撃権を渡すと、SR渋谷はベントラメのシュート、サクレのダンクが炸裂し点差を詰めていく。オフィシャルタイムアウトまでに16点差まで持ってきたSR渋谷は、伊藤のスチールからのファストブレイクなどでさらに詰めていき、残り2:31にSR渋谷がタイムアウトを請求するときは、13点差まで詰めていた。そして、サクレのダンクと伊藤の3pシュートで点差を10点まで詰めたSR渋谷は、伊藤が再びスチールからのファストブレイクを決めて8点差、さらに3pシュートを決め5点差まで詰めるが、A東京が逃げ切って勝利した。DAY1はA東京が74-69でSR渋谷を下した。

おすすめの記事